FC2ブログ

7月のZoomレメディ研究部 活動報告 ホーンビーム

ホーンビーム2

何をするのもめんどうでやる気が起きない状態に。
体が疲れているというようりは、精神的な疲れで、
やらなければいけないことを考えただけで、どっと疲れてしまう時や、
ぐずぐず引き延ばしてしまう時に。


(出典:バッチフラワーレメディのあるくらし)

詳しい報告は きょうだいブログ
バッチフラワーレメディ研究室をご覧ください。→こちら

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

8月はお休みです 

9月のレメディ研究部も
ZOOMでの開催を予定しています。
開催予定日は9月15日(火曜日)です

詳細は改めてお知らせいたします。


お問い合わせ
bach38tokai@yahoo.co.jp
(BFRP東海:レメディ研究部)

スポンサーサイト



7/12 日曜会 活動報告

5月に引き続きzoomを使って7月の日曜会を開きました。
参加者は7名。
「新しい生活様式」を実践しながらの近況を報告。今飲んでいるレメディーについて話を進めました。
今回のキーワードとなったのは「内心の不確かさ」です。
混沌とするこの状況が続く日々の中で、何を信じ、何を頼りに生活していけばよいのか、多くの人が迷いの中にいます。
「恐れ」「不安」「不信」「迷い」・・・内なるところに確信がないゆえにおきるいろんな感情にスポットがあたりました。

不安を口にする人がいる中でも「困難の向こうに備え」ようとしたり、「人のために何かをやりたい」という気持ちを行動に移している人もいて、それぞれの視点からの語らいが続きました。

また、参加者の中から「レメディーの効果はいつくらいから感じられますか?」という質問もあり、レメディーを再考する機会にもなりました。


centaury.jpeg
セントーリー  日進市にて

そして好評だったのが参加者が撮った「バッチフラワーの植物の写真」を見るコーナー。
身近にある植物の写真をみんなで見、撮影者の話に耳を傾けながら植物が持つパワーに思いをはせるひと時を共有できました。

今回の「博士の遺産」はp.60に着目。現在の状況と照らし合わせながら、文章の奥にある真理と対峙ー。ちょっと難しいのでこれは各自宿題・・・ということになりました。

zoomの恩恵を受けながらも参加者それぞれがこの会の力となりたいという芽生えが育ち、また次回の会の再会を約束しました。

次回は9月13日の開催を予定しています。
その頃にはどんな景色が私たちの目には映っているんでしょうー

by tano


6月のZoomレメディ研究部 活動報告 ラーチ

ラーチ🎄信州冬、東山春_200617_0002

人よりも自分がおとっていると感じたり、自分の能力に自信が持てない時に。
やっても失敗するのではないかと恐れてチャレンジできない時に。
(出典:バッチフラワーレメディのあるくらし)


ラーチ🎄信州冬、東山春_200617_0010


詳しい報告は きょうだいブログ
バッチフラワーレメディ研究室をご覧ください。→こちら

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 
公式ホームページでもお知らせしておりますが

Zoomによるレメディ研究部は 7月もBFRP東海会員のみの参加で開催いたします。

9月以降の活動については改めてお知らせいたします。

お問い合わせ
bach38tokai@yahoo.co.jp
(BFRP東海:レメディ研究部)

おしゃべり会ZOOMで開催しました~ペイフォワード~

おしゃべり会を ZOOMで開催しました。

内容は
~ペイフォワード~
バッチセンターからの紹介のZOOMセッション
バッチセンターで25年に渡り
コースを教えていらっしゃる
Lynn Macwhinnie先生の
"Potential of your Presence " (あなたの存在の可能性)
の報告をかねて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014年夏、「子育てフェスタ」に参加していた折に
ミニコンサルテーションを受け
バッチフラワーのレメディの
トリートメントボトルを作ってお持ち帰りされた方へ
一番垣根の低い受け皿を作ろうということで
始まった「チームバッチのおしゃべり会」
場所を変えながら
細々ながらも続けてきましたが
ついにこの度
ZOOMという場での開催を試みてみました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


当日は、
・ZOOMでのグループミーテイングは初めてです
とおっしゃる方
・77歳ですが時代は読めます、とおしゃる男性
ZOOMのおかげで参加できます
との、東海ゆかりの関東や関西の在住の方も
ご参加くださいました。

離れていても会えるから
リアル開催が可能になってからも
ZOOMでのおしゃべり会もあったらいいな
との感想もいただきました。

まずは
みなさんそれぞれの方が,
今置かれている状況を
近況報告して
それぞれの抱えるストレスなどを分かち合いました。

そこから第2部
としてバッチセンターfacebookグループより紹介のあった
バッチセンターで教えていらっしゃる
Lynn Macwhinnie先生の
ZOOMセッションに参加した報告をしました。

このセッションは5/1に1回目が開催され
ロックダウンの厳しいヨーロッパややアメリカはじめ
世界21か国のBFRPからのアクセスが
320名もあり、技術的な問題で
全員は参加できなかったために
再度 5/7に2回目が設けられたものです。
1回目の記念写真
5/1 1回目の記念写真

内容は
2019年にケンブリッジでのバッチフラワーの会議で
リン先生が講座をされたものを再現されていて
今回は無料の公開となり
お近くにいるどなたかの役に立つように
参加費用を使ってください
との意味で "ペイフォワード"とされていました。


まず、ウォーミングアップに
参加者さんの「タイプレメディ」を
チャットに書いてください、とのことで
画面に、160名ほどのBFRPが書いたレメディ名が
流れるのを見たときは
38種類のレメディは世界共通言語なのだな
と、改めてその事実に感動しました。

国が違い、言語が違っても
このように人の感情というものは
共通しているのだと
人の持つ本質に触れたような感覚がありました。

同じように
東海のおしゃべり会に参加してくださった方々にも
タイプレメディをチャットで打ち込んでいただきました。
タイプというか
現在はそういう気持ちなのですね
と、無言のうちにお互いの心境が分かるレメディ名。
奥深く
そしてシンプルです。

そのあと、このパンデミックの状況下で
どんなレメディを採っているのか
を同じく共有してから

Lynn先生のセッションを再現しました。

今の自分の現在地を確認する
Pで始まる8つのキーワード。
あまり時間をかけずに
8枚の花びらを描いた紙に
書き込んでいきます。

参加者のみなさまからは
・とても自分整理に役立ちました
・8つの花びら完成しました
・埋まっていく途中で埋めることが出来る自分であることを
 発見だ、と喜んでいます。
・自分の本質を見つめ、存在の可能性
 これからも時々問うてみたいと思いました、
などの感想をいただきました。

次回7月8日(水)午後にも
ZOOMにて「おしゃべり会を開催し、
その後の生活や
8枚の花びらワークのシェアをしたいと思っています。



今後の活動に向けて

「今後の活動にむけて」

みなさまこんにちは
その後いかがお過ごしですか?

5月の下旬には全国的な緊急事態宣言も解除となり、
世の中が少しずつ動き始めています。
ハニーサックル1

BFRP東海も
3月より活動を自粛してまいりましたが、
リモートによる話し合いや
今までの活動を試験的にzoomで行ったりし始めています。
バッチセンターチコリ2

正式に皆様に開催のお伝えをするのには
もう少しお時間をいただくことになりそうですが

長い期間にわたって
バッチフラワーレメディの学びを止めることなく、

また、その時々の状況に必要な情報を
お知らせしていけるよう、努めてまいります。

fc2blog_20200606155718f17.jpg

どんな状況下でも
バッチ博士の哲学が
私たちの考え方や生き方の指針となり、

心身ともに健やかに毎日を過ごすことができますようにと
祈っております。

まもなく梅雨の季節に入ります
皆様、どうぞご自愛くださいませ。

バッチフラワー・BFRP東海

久しぶりの東山植物園

5月末に東山植物園に行ってきました。


新型コロナウイルス感染拡大防止のため
4月から休園していた東山動植物園は
5月28日にプレオープンしました。
入園には、事前予約が必要です。
感染拡大予防のためマスクの着用、
他の方との一定の距離を確保する等の必要があります。
詳しくは、
東山動植物園ホームページをご覧ください。
http://www.higashiyama.city.nagoya.jp/


ということで
本日は、1人観察会のつもりでしたが
再開を待ち望んでいたメンバーと
偶然途中合流することができ
プチ観察会となりました。


ハニーサックルが咲き始めていました。
蕾もたくさんあるので
これから見頃を迎えそうです。

ハニーサックルは、青空が似合います!



バインは、満開でした。
今までにない花の多さに驚きました😃



今朝咲いたばかりの花もあり
足元を見ると
脱ぎ捨てられた帽子(花びら)を発見!




カラマツ(ラーチ)の雌花は、大きくなりました。

去年に比べ、松ぼっくりがたわわに実っています。




トチノキ(ホワイトチェストナット)は、
実がついていました。

花びらが、ほんの少し残っていました。
今年は花を観察できず残念
来年は観られますように。



栗(スイートチェストナット)も開花です!

雌花も見つけました。
パイナップルみたいで可愛いですね。




オリーブも元気良く咲いていました。
今年もたくさん実がなりそうです。




最後に
シナトチノキ(中国原産)の満開を見て帰りました。
日本のトチノキより開花時期が少し遅いです。




自粛生活が続いていましたが
やっと東山に行くことができ
生き返りました。


通常の植物観察会の再開は
まだ先になりそうです。
それまでは
家の庭の植物や1人観察会を楽しみます。




すかい

日曜会 再開しました

コロナウィルスの影響で活動を見合わせていましたが、5月18日にzoomを使って7名の参加者で日曜会を開きました。予定していた3月8日の開催を中止したので4ヶ月ぶりの集まりです。

置かれた状況も、とりまく環境もそれぞれ違うメンバー。近況報告をしながら、自分がお世話になったレメディを紹介していきました。多く利用されてたのは

ミムラス(不安と恐れ)
クラブアップル(清浄)
ウォルナット(周囲の影響)
スターオブベツレヘム(ショックな出来事)

他に

ロックローズ(戦慄感)
スィートチェストナット(絶望)
ゲンチアナ(落ち込み)
ワイルドオート(迷い)
インパチエンス(性急さ)
バイン(威圧的な態度)

もあげられました。

近況報告のあとは「博士の遺産」第7章の後半を読み、病気に対する恐怖心がどういうものなのかを考えてみました。

思っていること、感じていることをみんなで話していくうちに、助けとなるレメディーを提案しあったり、必要とするレメディーを確認したりと充実した会となりました。zoomを利用する不安はありましたが、会を終えるころには手ごたえを感じ、しばらくはこの形で会を続けていくことを決めました。

次回は7月12日の開催を予定しています。


starbetsu.jpeg
自然の中の癒しに抱かれて


crabapple_2020052022134321f.jpeg
なぜか今年たくさん咲いたというクラブアップル




sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR