11/29 植物観察会のご報告

今年最後の植物観察会が11月29日に行われました。
朝は雨でしたが、観察会がスタートすると雨もやみ、
紅葉を楽しみながらの観察会となりました。

さくら20171129

植物観察会20171129


20171129.jpg

初めて観察会に参加された方から、下記の感想を頂きました。
『レメディとなる何種類もの植物を目の前で見ることができ、
レメディがより身近になりました。
葉が枯れてもなお枝にしがみつき落ちないオークの枯葉をみたり、
帽子を脱ぎ捨てるように押し上げて蕊を伸ばすバインのお話を聞いたり、
レメディの働きと植物のジェスチャーとのつながりを興味深く聞かせて頂き、
とても勉強になりました。(Nさん)』


ほぼ毎回参加のメンバーからは、
『ニュートラルに素直に木々を見つめると、
開示された秘密を教えてもらえるということを実感した。
ふと口をついて出た疑問や、気づきの喜びは、
一緒に観察する皆さんの中に流れ込んで、
そこからまたかえってくるのがすごく学びになる。
1人ではできないことで、皆で観察を続けられる幸せをしみじみ感じました。(Oさん)』


今年は紅葉したラーチ(カラマツ)にも出会えました!
何度も会いに来ている木ですが、こんなに色づいているのは初めて見ました。

ラーチ0171129

秋の植物の美しさに心が洗われるような1日となりました。

紅葉20171129

heart


スポンサーサイト

10/31植物観察会のご報告 (次回予告11/29)

IMG_0001_201711021706463f4.jpg
10/31の植物観察会について、このところ連続してご参加いただいている
BIEP(バッチ財団国際教育プログラム)レベル1受講終了の方から感想をいただきました。


「10月に入ってから2つも台風が来て、その2回目の台風がすべての雲を持ち去っていった、
抜けるような青空のもとでの植物観察会になりました。


IMG_0002_201711021706480df.jpg東山植物園 開園80周年を祝う植え込みの前で「はい、バッチ!」のスマイル

この植物観察会の良さは、皆さんがとってもフレンドリーであること!
初めての方でも、気兼ねなく参加できます。

そして、ひとりでは気づけなかったような新たな発見が、グループの力でできること。他の方のスケッチで、自分が観察しなかった植物の様子も見せていただけ、また、自分のスケッチを見ていただくことで、たくさんの視点が集められるから、なのだと思います。



IMG_0005_20171102170651efe.jpg葉の落ち切ったブドウ(ヴァイン)の樹を、たっぷり時間をかけてしげしげと観察するメンバー。この季節の観察は地味です。


今回、わたしはトチノキの芽(チェストナットバット)をスケッチしました。キャプチャ

芽の元にある枝には、三角形や横シマの模様が入っています。
それは、それぞれ葉の落ちた痕であったり、
芽鱗(がりん。ベトベトした樹脂に包まれ、新芽を覆う)の痕だったりするそうです。

すべて枝に記録されているんですね。
「経験から学び、生かす」というレメディか…と、妙に納得したのでした。



ほかにも、
「葉脈の近くは緑のまま。なぜ、葉脈と葉脈の間から紅葉していくの?」
と気づかれた方がいて
「それは、樹液の流れがあるところは長く生き生きと、緑のままでいられるからかも?」
と考えるきっかけになりました。



ひとりでは気づけない発見が、いくつも得られる植物観察会。
次回は、唇の日焼けと乾燥を防ぐリップクリームを持って
参加しようと思います。ありがとうございました。」   by K.H.



~photo album~
IMG_0006_201711021707124ed.jpgレメディ研究部でも取り上げられたばかりのハニーサックル。花季が長ーい。1月に芽吹き、5月に咲き始め、まだ、花を咲かせているのね。。。

IMG_0007_20171102170713bdb.jpgそれぞれが「私のビーチ」「私のチェストナットバッド」と呼べる観察ポイントを持っています。この「私のビーチポイント」は東海ブログに過去何度も登場しています。

IMG_0008_20171102170715946.jpgリンドウ(ゲンチアナ)。虫に食われてもがっかりしないでけな気に咲いている。内側が表のように美しい花弁は、ジンベイザメのような渋い模様が魅力的。


IMG_0009_20171102170716b73.jpgこれが「私たち」のチェリープラム。何度も何度も会いに来ています。

IMG_0010_20171102170718f2a.jpg今はまだ、本当に小さなチェリープラムの冬芽。ここから、一気にあの花が春一番に咲くのです。

IMG_0011_201711021707442ed.jpg先月、宝石のように3つだけ光ってなっていた貴重なオリーブの古木の実が!



IMG_0012_201711021707454bc.jpgこれは何の冬芽でしょう?(答え → クリ (スイートチェストナット))どの木も仕組みは一緒です。

IMG_0013_20171102170747128.jpg最後に、クラブアップルの樹を見上げ、お別れです。     photo つゆ草
 

=================================

次回の植物観察会のご案内です。

第18回植物観察会
場所  名古屋市東山動植物園 植物園エリア
(駐車場有り、地下鉄東山線「東山公園駅」下車徒歩15分)
日時  11月 29日  水曜日
    10:30 植物園内 植物会館前集合

    14:30 解散予定

    ※雨天の場合:中止(前日20時頃メーリングでお知らせ)
※小雨の場合 : スケッチなし観察のみ(当日午前7時頃メーリングでお知らせ)
定員  15名程度
参加費 なし (入園料500円を各自で払い入園します)
持ち物 スケッチブック・色鉛筆・お弁当・ピクニックシート
    ルーペ(持っている方)
内容  バッチフラワーに関する植物を観察しスケッチします。
    植物園内で観る事が出来る植物
    カラマツ(ラーチ)・トチノキ(ホワイトチェストナット)・アスペン
    クラブアップル・オウシュウナラ(オーク)・ホーンビーム等約20種
※少し山道も歩きますので、歩きやすい服装・靴でお越しください。

☆お問い合わせ・申し込み先: Eメール bach38tokai@yahoo.co.jp (BFRP東海: 嶋崎)

皆様のご参加をお待ちしています。

BFRP東海植物観察会: 担当 嶋崎




9/27植物観察会 ご報告

9月27日 久しぶりの東山植物園
定点観察の植物観察会が開催されました。
参加者の方からの感想をご紹介いたします。

IMG_0003_201710010804588e9.jpg

「少し蒸し暑さを感じる曇り空でしたが、久しぶりの観察会。
園内は萩やとりどりの菊の花が咲き、
栗・とち・かりん・からたち等の実がなり、秋らしい感じです。
途中、園内ガイドさんから、女郎蜘蛛に関する面白いお話を聞き、
巣をお掃除する様子を観察、横道にそれたりしましたが、蜘蛛も頑張ってました。

とち―チェストナットの木の下では、割れたばかりの殻が落ちているのですが、
その内側がふかっと真っ白で驚きました。
すぐに茶色く固くなってしまいます。
殻は3つに割れて、中にはつやつやの実が一つ、
横向きに納まっている様子なので不思議です。
IMG_0002_20171001080455454.jpg

スズメバチが時折り飛んできて、この日のスケッチは場所を変更。
結果、思いがけず、オリーブとスィートチェストナットの対比が
くっきりと浮かんできて、興味深いものになりました。
IMG_0004_201710010804599d4.jpg

帰り道は金木犀の香りが漂い、嬉しい気分。
自然や植物は不思議に満ちて、
ちらちらと隙間から面白いことを見せてくれるなぁと感じる良い一日でした。
ありがとうございました。」  by Y.O.


IMG_0005_20171001080500df4.jpg恒例のお花畑エリアの チェリープラム の秋の姿

次回 BFRP東海植物観察会は 10/31(火)の予定です。

ご一緒に本物の植物にふれあって
思わぬささやかな感動を味わいに行ってみませんか?  

IMG_0001_20171001080454e36.jpg

つゆ草




植物観察会のお知らせ(9/27)

IMG_0001_2017091622441987b.jpg

皆様いかがお過ごしでしょうか。

前回5月の植物観察会では、ホワイトチェストナット(トチノキ)が満開でした。
植物界ではそろそろ実りの秋。
今年はたくさんトチの実がなっていると思います。

第16回植物観察会

場所  名古屋市東山動植物園 植物園エリア
(駐車場有り、地下鉄東山線「東山公園駅」下車徒歩15分)

日時  9月 27日  水曜日

    10:30 植物園内 植物会館前集合
    14:30 解散予定


※雨天の場合:中止(前日20時頃メーリングでお知らせ)
※小雨の場合 : スケッチなし観察のみ(当日午前7時頃メーリングでお知らせ)
定員  15名程度
参加費 なし (入園料500円を各自で払い入園します)
持ち物 スケッチブック・色鉛筆・お弁当・ピクニックシート
    ルーペ(持っている方)
内容  バッチフラワーに関する植物を観察しスケッチします。
    植物園内で観る事が出来る植物
    カラマツ(ラーチ)・トチノキ(ホワイトチェストナット)・アスペン
    クラブアップル・オウシュウナラ(オーク)・ホーンビーム等約20種
※少し山道も歩きますので、歩きやすい服装・靴でお越しください。
※9月はまだ暑いので虫除け対策も忘れずに!(蜂にご注意!)

☆お問い合わせ・申し込み先: Eメール bach38tokai@yahoo.co.jp (BFRP東海: 嶋崎)

皆様のご参加をお待ちしています。

BFRP東海植物観察会: 担当 嶋崎

写真 上 アグリモニー 種が増えてきました。服の裾などにひっかかりやすく、いろんなところについていき割と簡単に増えていきます。こちらは、栄 フラリエにて(元 ランの館)。東山植物園のアグリモニーは日当たりが悪く、消滅しています。少し日の当たる場所が好きなようです。
下 上空高く、藤と絡み合って咲いていた野生のクレマチス。ふわふわとして、日を浴びて輝いて雲のよう。 
IMG_20170916224417e29.jpg

つゆくさ







植物観察会の報告

IMG_0001_20170526053747a7a.jpg
ゴールデンウィークあたりからトチノキはとても美しく大きな花を見せてくれていました。
東山植物園での観察会の様子を報告させていただきます。


「5月17日、植物観察会が行われました。

オークから順に歩いていき、花の咲いたバイン、
蕾がついたハニーサックルを見ていきました。
ラーチのちっちゃな実を見たり、
クラブアップルやチェリープラムも葉っぱを繁らせていました。
東山植物園でこんなにバッチフラワーに会えるとは知らなかったので、
楽しいなぁと思いながら歩いていたのですが…

ホワイトチェストナットの咲きっぷりにビックリ!
見事というほどでした。

傘を思わせるような葉っぱの上で、円錐形の花序がそこかしこで揺れていました。

こんなに咲いているのを見るのは植物観察会史上初めてということでしたが、
沢山の花をつけ、日を浴びてすっくと立つ姿はとても素敵でした。」
by T.K.

IMG_0002_2017052605374953e.jpg遠くに大きな背の高い木いっぱいに花をつけるトチノキが見えてきたときには
皆、おおぉっと 歓声をあげました。

IMG_0003_201705260537517a5.jpg観察会の最後に見るボート池に
今回は藍色や黄色のアヤメの花が咲き誇っていました。

BFRP東海メンバーによる「花フェスタ記念公園」での植物観察会もありますので
興味をお持ちの方はお問い合わせください。 (6/1 木)

私たちの観察もスケッチ後のシェアを通していろんな発見がありますが
いよいよ、「百合と薔薇」著者 丹羽敏夫先生をお招きして
ゲーテ・シュタイナー的自然観察を学ぶことも
2回目となります。
今後、乞うご期待です。           つゆくさ



sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR