植物観察会の報告

IMG_0001_20170526053747a7a.jpg
ゴールデンウィークあたりからトチノキはとても美しく大きな花を見せてくれていました。
東山植物園での観察会の様子を報告させていただきます。


「5月17日、植物観察会が行われました。

オークから順に歩いていき、花の咲いたバイン、
蕾がついたハニーサックルを見ていきました。
ラーチのちっちゃな実を見たり、
クラブアップルやチェリープラムも葉っぱを繁らせていました。
東山植物園でこんなにバッチフラワーに会えるとは知らなかったので、
楽しいなぁと思いながら歩いていたのですが…

ホワイトチェストナットの咲きっぷりにビックリ!
見事というほどでした。

傘を思わせるような葉っぱの上で、円錐形の花序がそこかしこで揺れていました。

こんなに咲いているのを見るのは植物観察会史上初めてということでしたが、
沢山の花をつけ、日を浴びてすっくと立つ姿はとても素敵でした。」
by T.K.

IMG_0002_2017052605374953e.jpg遠くに大きな背の高い木いっぱいに花をつけるトチノキが見えてきたときには
皆、おおぉっと 歓声をあげました。

IMG_0003_201705260537517a5.jpg観察会の最後に見るボート池に
今回は藍色や黄色のアヤメの花が咲き誇っていました。

BFRP東海メンバーによる「花フェスタ記念公園」での植物観察会もありますので
興味をお持ちの方はお問い合わせください。 (6/1 木)

私たちの観察もスケッチ後のシェアを通していろんな発見がありますが
いよいよ、「百合と薔薇」著者 丹羽敏夫先生をお招きして
ゲーテ・シュタイナー的自然観察を学ぶことも
2回目となります。
今後、乞うご期待です。           つゆくさ



スポンサーサイト

植物観察会のお知らせ 5/17

みなさま
すがすがしい5月、様々なバッチの植物が咲きそろう1年でも
特別な季節となりました。
5月の植物観察会
ぜひ、ご参加くださいませ。

IMG_0002_2017051517420789a.jpg

第15回植物観察会

場所  名古屋市東山動植物園 植物園エリア
(駐車場有り、地下鉄東山線「東山公園駅」下車徒歩15分)
日時  5月 17日  水曜日

    10:30 植物園内 植物会館前集合
    14:30 解散予定
    ※雨天の場合:中止(前日20時頃メーリングでお知らせ)
※小雨の場合 : スケッチなし観察のみ(当日午前7時頃メーリングでお知らせ)
定員  15名程度
参加費 なし (入園料500円を各自で払い入園します)
持ち物 スケッチブック・色鉛筆・お弁当・ピクニックシート
    ルーペ(持っている方)
内容  バッチフラワーに関する植物を観察しスケッチします。
    植物園内で観る事が出来る植物
    カラマツ(ラーチ)・トチノキ(ホワイトチェストナット)・アスペン
    クラブアップル・オウシュウナラ(オーク)・ホーンビーム等約20種
※少し山道も歩きますので、歩きやすい服装・靴でお越しください。

☆お問い合わせ・申し込み先: Eメール bach38tokai@yahoo.co.jp (BFRP東海: 嶋崎)

みなさまのご参加をお待ちしています。

BFRP東海植物観察会: 担当 嶋崎


IMG_0004_20170515174209d11.jpg
写真は東京大学付属植物園 
小石川植物園のスターオブベツレヘム まぶしいばかり    2017/4/29  つゆくさ




植物観察会の報告と次回告知(5/17)

2017年3月31日
東山植物園にて、春の芽吹きを楽しみに
第14回となるBFRP東海 植物観察会が開催されました。
3度目のチェリープラム。
去年はこんな理由で見に来なかったな、という人も
狂ったように何度も見に来たい気もちが抑えられずに
チェリープラムの指標の心がわかったなという人も
この場所に思い出がリンクするようになってきました。。。

参加者の方の感想と、記事下に次回の詳細を案内しております。


「今日の観察会では、始まってすぐにパラパラと雨が降りだしました。
観察会で雨は珍しいとの事でした。
2.png

雨をうけ植物たちはしっとりと
でも嬉しそうに光っていました。

今日の私の一番の収穫はチェリープラムの満開に会えた事です。
とにかく可愛い❗
白に近いピンクの、桜よりやや小ぶりの花。
まるい蕾。
真っ直ぐに伸びた若枝にもポンポンと花がついていて、
力強さと可愛さがいりまじっていました。
近づくとむせかえるほどではありませんが、
ほんのり甘い香りが漂っていました。
春の慶びです。

IMG_0005_20170401185345953.jpg
IMG_0006_20170401185402dda.jpg

IMG_0007_2017040119262232b.jpg
前回の観察会でのチェリープラム → こちら

ビーチの芽吹き
IMG_0008_201704011926233f4.jpg


ビーチの森の近くにあるホーンビームが花をつけました。
毛虫が垂れ下がっているような面白い花です。
17554197_2278275495730007_8003208231637676515_n[1]            photo shimazaki

ラーチは遠目から
小さなパイナップルのような雌花を見つけることができました。
雄花はやや赤みを帯びています。
そんな違いがわかるようになってきたわね~としみじみ。
IMG_0002_20170401185341010.jpg

菜の花がこんなにもすらりとすくっと伸びて咲いていることが意外でした。
すっとのびパッと開いた黄色い花。
家に帰ってボトルに書いてあるメッセージをみたら
明るさとありました。
なるほどな~
17626311_2278275472396676_1764483018833372603_n[1]                shimazaki


17634775_2278275592396664_6140878043583986563_n[1]                  shimazaki

余談ですが、鳥たちが近づいてきてくれて、
しかもすぐそばで歌ってくれて嬉しかったです。
バッチを勉強しはじめてからなんとなく鳥との距離が近いなーと感じるのは私だけでしょうか。

次々と花が咲く季節。冬の姿を見ているだけに、ますます花々がいとおしい。一雨ごとに変わる姿が楽しみです🎵

今日もありがとうございました😁 text by T.Y.」
IMG_0001_201704011853390b2.jpg 開花直前の枝垂桜のこの切ないほど美しい色、、、
IMG_0004_20170401185343021.jpg ひゅうがみずき
IMG_0003_20170401185342099.jpg 赤です。この赤に、これからの成長の力が詰まっています        byつゆくさ




次回の植物観察会のご案内

第15回植物観察観察会
場所  名古屋市東山動植物園 植物園エリア

(駐車場有り、地下鉄東山線「東山公園駅」下車徒歩15分)

日時  4月 26日(水)
雨天のため中止となりました → 次回は5/17(水)の予定です
4月はホワイトチェストナット(トチノキ)の花が見られると思います。
    10:30 植物園内 植物会館前集合

    14:30 解散予定
※雨天の場合:中止(前日20時頃メーリングでお知らせ)
※小雨の場合 : スケッチなし観察のみ(当日午前7時頃メーリングでお知らせ)
定員  15名程度
参加費 なし (入園料500円を各自で払い入園します)
持ち物 スケッチブック・色鉛筆・お弁当・ピクニックシート
    ルーペ(持っている方)
内容  バッチフラワーに関する植物を観察しスケッチします。
    植物園内で観る事が出来る植物
    カラマツ(ラーチ)・トチノキ(ホワイトチェストナット)・アスペン
    クラブアップル・オウシュウナラ(オーク)・ホーンビーム等約20種
※少し山道も歩きますので、歩きやすい服装・靴でお越しください。

☆お問い合わせ・申し込み先: Eメール bach38tokai@yahoo.co.jp (BFRP東海: 嶋崎)

みなさまのご参加をお待ちしています。

BFRP東海植物観察会: 担当 嶋崎





エルムの開花情報

バッチフラワーに使われている植物を
「実際に見てみたい」な、ということに興味をお持ちのみなさま

エルム(ハルニレ)の開花情報です♪
バッチ博士がレメディとして発見したのはコモン・エルム(イングリッシュ・エルム)ですが、
その近隣種、ハルニレの花を、ここ愛知でも見ることが出来ます。

ただ今中部地方では「エルム」の花が見ごろとなりました。
この後、ぞくぞくと続く開花情報をすべてご紹介は出来ないかもしれませんが
名古屋大学構内
春日井市 朝宮公園 
でのエルムの様子をご案内いたします。

IMG_0021_201703101824055ad.jpg名古屋大学構内にて 2017/3/9 八分音符を見るような規則的な枝の出方と花のつき方
IMG_0020_20170310182404e30.jpg夕日を浴びてかすかに光を帯びたエルムの花(地味ですが魅力的です)
IMG_0022_20170310221753ccf.jpg


春日井市 朝宮公園にはエルムが10本ほどあります。
花もやや赤みが強く(遠目には全く 赤、とは感じませんが。。。)可憐です。
IMG_0015_2017031018235789b.jpg
IMG_0017_20170310182359a71.jpg
IMG_0016_20170310182358114.jpgきれいでしょ?  って思うのは、バッチマニアくらい?しつこくてすみません。
IMG_0014_20170310182244d30.jpg根っこがすごく遠くまで広がっているそうです。
IMG_0012_201703101822410b9.jpgバッチのエルムはもっと背が高く直立しているようですが。。。
IMG_0023_201703102217559f1.jpg2017/3/10 この名札のついた木を探してください。
  
この土日、まだお花見ができるかと思われます。           

                                                    photo つゆ草

植物観察会の報告と次回告知(3/31)

IMG_0018_20170310182401f3e.jpgIMG_20170310182135b85.jpgIMG_0019_201703101824023fa.jpg

東山植物園でのバッチフラワーに使われている植物、定点観察会。ではありますが、
その道すがら
ちゃんと、河津桜やマンサクやピンクのネコヤナギも楽しんでますよ~
「法則」が見えるのです、どんな植物にも共通する。
地味な植物を定点観察することによって、、、

3/9に行われた観察会のご報告と、次回のご案内を、記事の下に載せています。
BFRP東海の植物観察会、ぜひ、お気軽にご一緒しませんか?



「陽が差したり、曇ったり、風の冷たい東山植物園にて今シーズン初めての植物観察会でした。

オークの葉が変容した、茶色の鱗のようなものに何重にも守られた冬芽(芽鱗)はまだ固いです。
IMG_0003_20170302153455775.jpg

先端から枝をたどると、横に数本のしわが寄ったような筋(芽鱗痕)が見られます。

これは去年の先端の冬芽の痕です。
そこからどのように小枝が広がり、花と葉が展開し、
今に至るのか遡って想像してみると、これからの生長のプロセスに胸が躍ります。

太い枝から思い思いの方向に伸びる小枝は、まるで多くの人が両手を挙げて楽しげに踊っているようにも見えました。

芽鱗、芽鱗痕…
「難しい言葉ね、専門的すぎやしないかしら?」
IMG_0001_20170310182136d8d.jpg

いえいえ
「ここのこのこうなっているこれ」
説明するのが困難な物事に「名前」があるってありがたいです。

このもやもやした気持ち…この怒りの辛さ…
それがレメディで説明できた時の安堵感に似ています。
名前がつくと、認識できる。すっきりして気持ちがいいです。

エルムの枝の芽鱗痕をたどると、1年前、2年前…
出会った頃の大きさが目に見えました。

切られて矯められたバインの寒々した姿。
IMG_0002_20170310182137e9d.jpg

「拡張の前には収縮が必要なように、成長するためには型にはめられることも必要なのよ」と。
私たちの成長について考えずにはいられませんでした。

剪定がきつかったハニーサックルも芽吹き、
アスペンの芽は膨らみ、若い枝のなんて白くて美しいこと。
IMG_0003_20170310182139a42.jpg

ビーチの冬芽は細長くとがり、小枝の長さはほとんど変わっていない印象でしたが前年のスケッチと芽鱗痕から、明らかに生長が見られました。
ああ嬉しい!
IMG_0004_20170310182140140.jpg
IMG_0005_201703101822050a1.jpg
IMG_0006_2017031018220666b.jpg

ホワイトチェストナットの冬芽の樹脂のベタベタはあまりなく、頭頂芽だけではなく、葉痕のすぐ上に豆のような芽が確認できました。オークやスイートチェストナットにも。
IMG_0007_20170310182208f23.jpg

葉がついていた頃を想像してみてください。
葉痕の上…
それは、つまり葉腋に新芽が出るという共通の法則ではないでしょうか。

葉が茂っている頃、落葉の頃、何度も目にしていたはずですが、見えていなかったのですね。

何度も繰り返し観察をし続けることで、不意に植物の開示された秘密に気付くことができる。

その瞬間の喜び。


IMG_0009_20170310182211f5b.jpgチェリープラムは去年の今頃は開花が始まっていましたが、ふた花、淡い桃色の蕾を膨らませているだけでした。
浄化の光を見られるのは、もう少し先のようです。

何年も何十年も同じパターンで繰り返すけれど、今年の生長はただ一つの姿。

開花の瞬間も、今年だけの生長過程も全て、しっかりと目に焼き付けたいですね。

次回ご一緒に!              text by O Chan 」     photo つゆ草

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

第14回植物観察会
場所  名古屋市東山動植物園 植物園エリア
(駐車場有り、地下鉄東山線「東山公園駅」下車徒歩15分)
日時  3月 31日  金曜日

    10:30 植物園内 植物会館前集合
    14:30 解散予定
    ※雨天の場合:中止(前日20時頃メーリングでお知らせ)
※小雨の場合 : スケッチなし観察のみ(当日午前7時頃メーリングでお知らせ)
定員  15名程度
参加費 なし (入園料500円を各自で払い入園します)
持ち物 スケッチブック・色鉛筆・お弁当・ピクニックシート
    ルーペ(持っている方)
内容  バッチフラワーに関する植物を観察しスケッチします。
    植物園内で観る事が出来る植物
    カラマツ(ラーチ)・トチノキ(ホワイトチェストナット)・アスペン
    クラブアップル・オウシュウナラ(オーク)・ホーンビーム等約20種
※少し山道も歩きますので、歩きやすい服装・靴でお越しください。

☆お問い合わせ・申し込み先: Eメール bach38tokai@yahoo.co.jp (BFRP東海: 嶋崎)

みなさまのご参加をお待ちしています。

BFRP東海植物観察会: 担当 嶋崎





sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR