FC2ブログ

3月 日曜会活動報告

日曜会を3月7日にzoomで行いました。
今回の参加者5名。
いろんな質問も出て楽しい会になりました。

「博士の遺産」は第8章後半を読み、家族間の問題などについて話をしました。
「バッチフラワーの植物たち」では東山植物園(名古屋市)、三の丸庭園の西洋トチノキの写真をみんなで見ました。

トチノキはホワイトチェストナット
トチノキの芽はチェストナットバッド
レッドチェストナットは赤い花でー
など、いろいろ感想や気づきを述べながらワイワイと話は続き
この季節悩まされる花粉症の対処法や
市販の薬は飲みますか? など
それぞれの経験や考えをレメディも含めて意見交換。

nichiyoukai.jpeg

さて、次回は日曜会で初めて植物観察会を行います!


〈次回日曜会〉

時:2021年5月16日(日)
場所 愛知県緑化センター・昭和の森 

         豊田市西中山町猿田21-1

 参加費:無料
 当日雨天の場合は、zoom日曜会に変更して行います。
  * 詳細については別途ご案内いたします。

  お問い合わせ:bach38sunday@yahoo.co.jp  (BFRP東海 日曜会)
スポンサーサイト



1月日曜会 活動報告

2021年最初の日曜会を1月31日に行いました。
今回は初参加の方、お久しぶりの方もいらして参加者6名。
にぎやかな会となりました。

「博士の遺産」は第8章の一部を読み
「バッチフラワーの植物たち」では愛知県緑化センター(豊田市)にある
「トチノキ」と「西洋トチノキ」や「ベニバスモモ」の写真をみんなで観察しました。
(おまけで近隣の梅の里の桃も)

ベニバスモモ

外出自粛の中、外へ出ることもためらいがちになりますが
自然の中に身を置くことで生命力を養うことができます!
植物の写真を見るだけでも外の世界に誘われ
内へ内へとこもりがちな思考も開放された気分になれるかもしれません。

今回も近況報告をしながらそれぞれの思いを話し、コロナ渦で癒しのひと時を共有しました。
仲間っていいですね。
バッチフラワーという共通言語があればすぐに仲間となれることも再確認。
初めてのご参加も歓迎いたします。

〈次回日曜会のお知らせ〉

時:2021年3月7日(日) 
13:00~14:30

参加方法:zoom
参加費:無料

詳細はお申込みいただいた方に個別にご連絡いたします。

お問い合わせ:
bach38sunday@yahoo.co.jp
(BFRP東海 日曜会)

11月日曜会 活動報告


いろんなことが起きた2020年。
気がつけば今年最後の日曜会となりました。


今回の参加者は3名。
前半は「博士の遺産」読書会。
第7章の一部をみんなで読み
自分にとって、「人生に対する真の熱意と喜び」とは?
私のしていることは「現世的な楽しみ」なのか「本質」なのか?
を語らい

後半の「バッチフラワーの植物たち」では
メンバーがこの秋参加した「きららの森の観察会」を紹介しました。


ブナ林が有名な「きららの森」。
正式には「段戸裏谷原生林」といってその一部が学術参考保護林となっています。

527ビーチ (2)


近況報告では、自然の中に身を置くことで喜びを感じるーとの声が多く
それぞれの体験を話し、コロナ渦での癒しのひと時を共有しました。

次回日曜会のお知らせ

時:2021年1月31日(日) 
13:00~14:30

参加方法:zoom
参加費:無料

詳細はお申込みいただいた方に個別にご連絡いたします。

お問い合わせ:
bach38sunday@yahoo.co.jp
(BFRP東海 日曜会)

9月 日曜会 活動報告

暑い夏を超えて9月の日曜会は参加者は4名で行いました。


読書会で読んだのは「第7章」のpp45-46。
今回のキーワードは「免疫力」!
それぞれの免疫力を上げる方法を聞いてみたりして
日常に役立つ
「バッチフラワーの植物の写真」を見るコーナーでは
「アグリモニー」「ゲンチアナ」「ハニーサックル」「クレマチス」を取り上げました。

実際の植物ではないけれど、レメディの植物の写真を見るだけでなんだかとても満足。
満たされた気分になり、言葉もいらないねーなどと感想を述べました。


by tano


7/12 日曜会 活動報告

5月に引き続きzoomを使って7月の日曜会を開きました。
参加者は7名。
「新しい生活様式」を実践しながらの近況を報告。今飲んでいるレメディーについて話を進めました。
今回のキーワードとなったのは「内心の不確かさ」です。
混沌とするこの状況が続く日々の中で、何を信じ、何を頼りに生活していけばよいのか、多くの人が迷いの中にいます。
「恐れ」「不安」「不信」「迷い」・・・内なるところに確信がないゆえにおきるいろんな感情にスポットがあたりました。

不安を口にする人がいる中でも「困難の向こうに備え」ようとしたり、「人のために何かをやりたい」という気持ちを行動に移している人もいて、それぞれの視点からの語らいが続きました。

また、参加者の中から「レメディーの効果はいつくらいから感じられますか?」という質問もあり、レメディーを再考する機会にもなりました。


centaury.jpeg
セントーリー  日進市にて

そして好評だったのが参加者が撮った「バッチフラワーの植物の写真」を見るコーナー。
身近にある植物の写真をみんなで見、撮影者の話に耳を傾けながら植物が持つパワーに思いをはせるひと時を共有できました。

今回の「博士の遺産」はp.60に着目。現在の状況と照らし合わせながら、文章の奥にある真理と対峙ー。ちょっと難しいのでこれは各自宿題・・・ということになりました。

zoomの恩恵を受けながらも参加者それぞれがこの会の力となりたいという芽生えが育ち、また次回の会の再会を約束しました。

次回は9月13日の開催を予定しています。
その頃にはどんな景色が私たちの目には映っているんでしょうー

by tano


sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR