第85回読書会報告 ~10月読書会のご案内~

夏休み明けの9月、第85回の読書会が行われました。
“いまや最重要問題に到達しました…”との書き出しから始まる第7章。

何かと忙しい日常生活から少し離れて、
バッチ博士の残した言葉を静かに考える時間となりました。

本文を読んだ後、毎回皆で感想や問いを投げかける時間あります。

16名のそれぞれから発せられるリアルな言葉は、
聴いているだけでも心に響くものがありました。

短い時間ではありましたが、
過去や未来へとつながる日常生活での一コマの意味を、
ゆっくりと考えるような時間となりました。

次回の読書会は10月10日(火)となります。
どなたでも参加できますので、お気軽にお問合せ下さい。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

第86回 読書会のご案内
「バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ」 第8章


日 時 : 2017年10月10日(火) 10:00~12:00
定 員 : 20名  参加費 500円
会 場 : 岩崎公民館(日進市)2F和室にて (駐車場あり)
持ち物 : 「バッチ博士の遺産」、持ち寄りのお菓子、マイカップなど
お申し込み・お問い合わせ・変更は
bach38tokai@yahoo.co.jp  岩田まで。

higannhana.jpg

heart
スポンサーサイト

第84回読書会報告 ~9月読書会のご案内~

2017年 7月19日 (水)
第84回となる読書会が開催されました。
バッチ博士の遺産 第6章を読み進めました。

IMG_0001_2017072207221533f.jpg
進行役の方からの報告から一部をお借りして報告させていただきます。

「バーベインのお花を中央に飾り
まず、初めに近況報告と、今飲んでいるレメディについてをお話しいただきました。

体験を“皆に話す”とういう行為を通して振り返り、言語化することで改めて意識す
ることができると感じました。
ほかの方の話を聞いて、共感や気付きがあったり、
また疑問がわき上がったり…。
あっという間に過ぎていく時間の中で、やはりこんな風に少し止まって考える時間は
貴重に感じました。
また、夏の暑さの中、そして天候不順の影響もあり、私たちの感情も表に出やすいよ
うにも感じました。

6章を読んで・・・
・自分の欠点を美徳で洗い流す⇒具体的に考えてみるという問いかけを中心に意見交
換をしました。
 *欠点を洗い流す…
皆がいわゆる“いい人”になる必要はなく個性とのバランスととるということ。
言葉にとらわれず“美徳”=個性。
ありのままの自分を見出すことが重要で、ありのまま以上のものになる必要はない、
それを知るということが大切。
 *気づくということ、それを意識するということ、客観視することで、どうなる
か・どうするかを“自分で決める”という勇気を持つ。その時に他者と
して「プラクティショナー」の存在は助けになると思う。
…などが出ました。

文章では言い尽くせない、また、言い表せないシェアとなりまし
た。自分の表現を他者の表現で再認識するというような意見もありました。」 by C.I

また、今回は英国バッチセンターでの研修から帰国ごすぐの回となり、
はるばるバッチセンターからBIEPレベル3修了証書を持ち帰ってきてくれた参加者から
修了生に証書が手渡されました。
(今回は特別に・・・)

いよいよ、伝える側へ、人生の旅は続きます~♪

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

85回読書会のご案内

「バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ」   第7章

日 時 : 2017年 9月15日(金) 10:00~12:00


※ 終了後 英国バッチセンター研修ツアーの報告会を予定しております

定 員 : 20名  参加費 500円
会 場 : 岩崎公民館(日進市)2F和室にて (駐車場あり)
持ち物 : 「バッチ博士の遺産」、持ち寄りのお菓子、マイカップなど
お申し込み・お問い合わせ・変更は
bach38tokai@yahoo.co.jp  岩田まで。





つゆ草

第83回読書会報告~7月読書会のご案内~

梅雨空のもと、6月の読書会が行われました。

参加者はそれぞれがレメディを1つ挙げて、心象風景や近況報告をして、
読書会がスタートしました。

第5章は、親と子、教師と生徒、ひいては人と人との正しい関係とは
どうあるべきかが論じられています。

具体的なテーマなので、参加者は自分の家族や親子関係と照らし合わせながら、
活発な話し合いが行われました。

「最大の戦いは自分の家庭の中にあることでしょう・・・
まず非常に近い肉親の誰かからの有害な支配と束縛から、
自分を自由にしなければならない」
~「バッチ博士の遺産(なんじ自身を癒せ)」第5章より~


グループで1章ごとに読んでいく読書会では、
1人で読む時には気が付かない言葉が心に飛び込んでくることもよくあります。

日常とは一歩はなれた静かな空間で、その時の自分と向き合う機会でもあり、
バッチフラワーを介して、色々な発見につながる読書会。

関心がある方は、是非ご一緒してみませんか。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

第84回読書会のご案内
バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ 第6章


日 時 :2017年 7月19日(水)10:30~12:30     
  *7月の読書会はスタートが10時半~となります。
定 員 : 20名  参加費 500円
会 場 : 岩崎公民館(日進市)2F和室にて (駐車場あり)
持ち物 : 「バッチ博士の遺産」、持ち寄りのお菓子、マイカップなど

お申し込み・お問い合わせは
Eメール:bach38tokai@yahoo.co.jp
 (岩田)

チコリ

チコリの花 ~マリアブルーと呼ばれる青い色です~
heart

第82回読書会報告~6月読書会のご案内~

紫陽花の美しい季節となりました。
5月末の爽やかな日に、第82回目の読書会が行われました。

今回のテーマは「バッチ博士の遺産(なんじ自身を癒せ)」の第4章。

進行役さんが事前に下調べをして下さり、
バッチ博士の哲学を学ぶ上で、
参考となるかもしれない文献(『ヒマラヤ聖者の生活探求』)の紹介や、
歴史上の人物(パラケルスス、シュタイナー)の言葉の紹介などもありました。

また、はじめに参加者が4章の中で取り上げたい箇所を話す機会があり、
それによって今の自分と響き合う言葉を探す良い機会となりました。

以下、進行役さんのコメントから一部紹介です。

~~ ** ~~ ** ~~ ** ~~

今回話し合ったのは「共感と反感」と「自己愛」の2つであった。
シュタイナーは「反感によって意識が形成される」としていることを知り、
これまで共感が何より大切と思ってきたけれど、
今回の読書会で反感もまた大事だと知ったという報告が複数人あり、
私としてはとても興味深かった。(by M.I)

~~ **~~ ** ~~ ** ~~

第83回読書会のご案内


「バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ」 第5章

日 時 : 2017年 6月23日(金) 10:00~12:00
定 員 : 20名  参加費 500円
会 場 : 岩崎公民館(日進市)2F和室にて (駐車場あり)
持ち物 : 「バッチ博士の遺産」、持ち寄りのお菓子、マイカップなど

お申し込み・お問い合わせは
bach38tokai@yahoo.co.jp (岩田)

あじさい

第81回読書会報告と ~5月読書会のご案内~

みなさま、新緑のいきいきとした眩さに思わずうきうきと
心躍る季節、ゴールデンウィークも近くなってまいりました。

4/25の読書会では、先月何年かぶりにこの会に顔を見せてくれた懐かしいメンバーの方が
進行役を務めてくださいました。
BFRP東海の読書会とは、いつでも戻って来ることが出来る
「港」のような存在、とみんなで考えてバッチフラワーシンポジウムでお話をしたのです。

まさに、そんな感じで
今はそれぞれに夢中になって取り組んでいることがあったり、
人生の中でいろんな事情があったり
お時間を空けられないこともあるでしょうが
いつでも、この会は開かれた存在です。
また行ってみようかな、と思った時にはぜひ、単発でもご参加ください。

以下今回の感想と 次回の日程となります。
その他のイベントにつきましてはこちらHPに紹介していますので
ご参考にしてください。→HP

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
第81回 読書会報告

4月25日 12名が集まり、読書会が行われました。

まずは 「この春をどのように過ごしているか」をテーマに皆さんにお話し頂きました。
ふいに「振り回される」というフレーズが出て、
つられるように自分がこの春は何に振り回されているかへと
テーマがシフトしていき、皆で笑いました。

なかでも、新生活や植物の芽吹きのキラキラした美しさは
あっという間に日常に溶け込み、何気ないものになるというお話は、
葉桜が見られるようになったこの時期ならではの印象的なお話でした。

第3章では、病気とは魂と身体の不調和の末期症状であると博士は述べています。
マイナスの身体症状から感情へとアプローチし、その感情を掘り下げることで、
自分がしてしまう「ユニティ」に反する行動を理解する手がかりになると。

本来とは逆のベクトルで語られているこの章をもとに、
病気という身体のサインから気づいたことを話し合い、
経験として意識することは《バッチ博士の遺産》を理解していくのに重要なプロセスだと私は思いました。
このベクトルを示してくれたことで、魂と身体は密接に繋がっていることを改めて知るからです。

読書会の終盤で、第4章への布石となる意見が出されました。
誤りと反対の美徳を洪水のように流し込むこととはー?

第3章は、私にとって非常に現実的でインパクトを持つ章といいますか、逆のアプローチを
しれっとこの章のメインテーマにする博士にそっとおののくのです。
皆さま、良い時間をありがとうございました。

T. K.

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
第82回読書会のご案内

「バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ」   第4章

日 時 : 2017年 5月30日(火) 10:00~12:00

定 員 : 20名  参加費 500円
会 場 : 岩崎公民館(日進市)2F和室にて (駐車場あり)
持ち物 : 「バッチ博士の遺産」、持ち寄りのお菓子、マイカップなど

お申し込み・お問い合わせ・変更は
bach38tokai@yahoo.co.jp 岩田まで

キャプチャ
普段からよく行くカフェの庭で クラブアップルが咲いているのを発見! 少し うれしい気分~            つゆくさ






HP
sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR