FC2ブログ

2019年1月の読書会ご案内

2018年9月からの新しい会場「ベルスール」にもようやく慣れてきました。
1月はレンタルルームBで開催します。レストラン2階となりますので間違えのないように。
改装したばかりの新しいお部屋で木の香りが心地よいです。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
第98回読書会
「バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ」   第4章

日 時 : 1月9日(水) 10:30~12:30 (13:30まで交流会あり)
定 員 : 12名  参加費 500円
会 場 : ベルスール  レンタルルームB (レストラン2階)
https://www.asahi-hg.co.jp/berceur/
〒470-0136 愛知県日進市竹の山三丁目803番地
Tel:0120-417-120 (アサヒハウジング事務所)
こちらのサイトはレンタルルームとは違うレストランのサイトですが、
地図がみられるのでご参考にしてください
https://loco.yahoo.co.jp/place/g-zlEbFwj4OEc/map/
持ち物 : 「バッチ博士の遺産」、持ち寄りのお菓子(自由)
お申込み・お問い合わせ先
BFRP東海メール: bach38tokai@yahoo.co.jp (読書会担当まで)
BFRP東海読書会担当者
   
スポンサーサイト

読書会のご案内

11月の読書会日程が決まりました!
しばらくは 隔月開催になりましたので2018年最後の読書会です。
是非ご参加ください。
読書会を優先するため、
11月の植物観察会と下見は中止にさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
11/7の申し込みをされている方で
11/14ご都合が合わなくなった場合はご連絡ください。
9月からの新しい会場「ベルスール」レンタルルームCはレストランの別棟になります。レストラン2階は、レンタルルームAとBなので、お間違えのないように。
木の香りのする気持ちものよいお部屋です。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
第97回読書会
「バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ」   第3章
image[3] (2)
日 時 : 11月14日(水) 10:30~12:30 (13:30まで交流会あり)
定 員 : 12名  参加費 500円
会 場 : ベルスール  レンタルルームC (レストラン別棟)
https://www.asahi-hg.co.jp/berceur/
fc2blog_20180909212106995.jpg
〒470-0136 愛知県日進市竹の山三丁目803番地
Tel:0120-417-120 (アサヒハウジング事務所)
こちらのサイトはレンタルルームとは違うレストランのサイトですが、
地図がみられるのでご参考にしてください
https://loco.yahoo.co.jp/place/g-zlEbFwj4OEc/map/
持ち物 : 「バッチ博士の遺産」
お申込み・お問い合わせ先
BFRP東海メール: bach38tokai@yahoo.co.jp (読書会担当まで)
BFRP東海読書会担当者

第93回 5月の読書会の報告(次回 6/6)

IMG_201805172037281c8.jpg

長らく続いた 岩崎公民館での読書会の歴史でしたが
このたび新しい幕開けで、
梅森坂にある
オイリュトミー塾「あかね塾」さんを会場として
初めての読書会が開催されました。

会場は、一般の住宅を改装した場所で
無垢の木材が張られて、ピアノだけが置かれている
シンプルな空間です。
坂の途中にあり、2階でもあるので
さわやかな風が通り
みんな、新しい場にすっかり魅了されました。

シュタイナーの瞑想と祈りの言葉から
新しい場所、新しい家に祈るものを
静かに朗読してもらい、読書会は始まりました。


以下、進行役さんの報告から抜粋です 
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
近況報告・印象に残った出来事
その時にとったり考えたレメディについてお話していただきました。
自分の中に起こったこととリンクしたり、
自分では感じることのできなかった感情を聞いたりして
とても勉強になると感じたり、
忘れていたことを思い出したり
思いがつながっていったように思います。

それぞれの心にとまった文章や、
その理解や感情の中で思い浮かんだレメディを話し合い
それをシェアすることによって
自分の理解していることや、7章の内容について
参加しているメンバー間での違いや同意を聞くことでさらに深まり、
より新しい認識につながったように思います。

出てきたレメディのなかで
ロックウォーターと ウォーターバイオレットについて、
特に深めて話しました。

「1日全体を通して学ぶこと、
仲間の人々から、生活上の出来事から、
すべての背後にある「真理」を学んで学んで、
学び続けること、
そしてその知識と経験を仲間の旅人たちのために
活用する機会を見逃さないように見張っていることです。」・・・・p50より

その部分が特に印象に残り、

後悔しないように生きるということ…
後悔するのならなぜ今それをすることがいけないのか…という思いや。

日常での出来事の疑問を心にとめ、
この場で改めて考え
自分の知識と経験を「仲間の旅人」に役立てたい という気持ちをもつ
という話が とても印象に残り「ユニティ」だなと思いました。


C.I

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ」   第8章

日 時 : 2018  6月6日(水) 10:30~12:30

参加費 500円


会 場 : 「オイリュトミーあかね塾」  名古屋市名東区梅森坂1丁目931 

こちら

クリックしていただければ地図が表示されます

駐車場はすぐ近くの「牧野ヶ池緑地公園・東口駐車場」になります。
駐車場は無料、会場まで歩いて5分ほどになります。
また、公共交通機関をご利用の方も東口駐車場付近にバス停がございます。

会場の「あかね塾」は道を挟んで反対側になります。
道路から少しわき道を入ったところになります。


持ち物 : 「バッチ博士の遺産」、持ち寄りのお菓子、マイカップなど

お申込み・変更は
bach38tokai@yahoo.co.jp 岩田まで。







4月読書会報告 (次回 予告5/9 場所が変更になります)

IMG_0001_201804191031200f3.jpg


岩崎公民館での読書会はこの4月がラストになりました。
新年度の始まりとも相まって、「終わりの始まり」の空気の中、新たな始まり、今後の豊富や課題をレメディと絡めてそれぞれの終わりと始まりをシェアしました。

近現代の物質主義の時代に、見失ってきた『私達が存在する真の理由』とはなんでしょう。
日常の幸せとは?幸せや癒しの先にあるものは?

当たり前ではない目の前のことをどう感受できるか、感謝できるか。
また、今日に至る自分を肯定し、ユニティの中で生きていることを実感することができたら、
きっと世界はもっと美しく素晴らしいものになるのだと思いました。

次回から会場は変わりますが、読書会という場、
毎回そこでの魂の学びや大切なものをシェアする貴重な活動が
見えざる手の導きによって続いていくことを祈ります。
M.T.

IMG_20180419103118094.jpg


====================================

2018年 5月読書会 ご案内

「バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ」  第7章

日 時  : 2018  5月9日 (水) 10:30~12:30
定 員  : 20名  参加費 500円
進行役 : 岩田
会 場 : 「オイリュトミーあかね塾」  
名古屋市名東区梅森坂1丁目931 
→こちら をクリックしていただければ地図が表示されます

駐車場はすぐ近くの「牧野ヶ池緑地公園」の駐車場(無料・会場まで歩いて5分ほど)をご利用ください

会場の「あかね塾」は道を挟んで反対側になります。道路から少しわき道を入ったところになります。

当日は入り口に案内のものが立つ予定です。
持ち物 : 「バッチ博士の遺産」、持ち寄りのお菓子、マイカップなど

お申込み・変更は
bach38tokai@yahoo.co.jp 岩田まで。


(tsuyukusa)




第91回読書会報告 (次回2018/4/11)

3月読書会・第5章のまとめ報告IMG_0001_20180403124141f2c.jpg
〝真の個性の欠如(つまり、人格への干渉を許し、
その干渉によってハイヤーセルフの命令に従うのが妨げられる状態)~〞
から始まる第5章では、先ず自分の個性について、
また、何かと節目となる春を迎え、今の心境を語り合いました。
どの発言からも真摯に自分と向き合う姿がありました。



本文を読んだ後の話し合いでは

*今までは親の支配下にあったが、今は自分育てをし、
力をつけて親が本当の吸血鬼にならないよう、
また、親が豊かな人生を歩めるよう手助けしている。

*本質は泥のようなもので覆われているので、
綺麗な水で洗い流すと隠されていたものが見えてくる

*P35 まず敵になりそうな人を、
スポーツの対戦相手と同じように見ることです~
この箇所を常に心に留めておきたい

等の意見が出ました。


他人の支配から自由になる・隠された本質に向かう(光の道に向かう) そのプロセスこそが大切。

そのプロセスには光の道を閉ざす闇の存在があってこそ。 

さらに、光の道・魂の本質に向かって歩むとは、人の為に生きるという究極の自己実現であるということ。

私が個性と独立を勝ち取るために愛と優しさを持って歩むプロセスは周りの人をもまた光の道へと歩む助けになるのだということ。



以上のことを信念として心に深く刻めることができ、私にとって大変貴重な読書会となりました。(M.I.)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2018年 4月読書会 ご案内

「バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ」   第6章


日 時 : 4月11日(水) 10:00~12:00

定 員 : 20名  参加費 500円

会 場 : 岩崎公民館(日進市)2F和室にて (駐車場あり)

持ち物 : 「バッチ博士の遺産」、持ち寄りのお菓子、マイカップなど

お申込み・変更は

bach38tokai@yahoo.co.jp 岩田まで。






sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR