「バッチ源流を訪ねる旅」報告会を行いました

IMG_0012_2015101107321038d.jpg

皆さま、こんにちは。
朝晩に寒さを感じるようになりました。季節はこれから紅葉の時期。
木々の葉が色づく美しい季節が訪れますね。

かなり遅いご報告になるのですが・・・
9月の読書会が行われた日、バッチホリスティック研究会主催の「英国にバッチフラワーのルーツを訪ねる旅」に参加したメンバーより旅の様子を知らせてもらう報告会を開きました。

「博士の遺産」の読書会を重ねてきた私たちはバッチ博士ゆかりの地を目の当たりにしてきたメンバーの報告に興味津々! 

このツアーのメインは「バッチセンター見学」とレメディを製造している「ネルソン社工場見学」ですがそれに加え、我がBFRP東海メンバーはバッチ博士が住んでいた海辺の町「クローマー」も訪ねて来ました。


英国を訪れたのは6月30日から7月3日の4日間。
雨が多かったこの頃でしたが、メンバーが滞在したときは天気が良かったとのことでした。
(参加したメンバーの日頃の行いが良かったからでしょうか)


最初に訪れたのはオックスフォードシャーのウォリングフォード郊外、ソットウェルという村にあるバッチセンター。
その歴史をバッチ・センター代表 ステファン・ボールさんとジュディ・ハワードさんから伺い、それを熱心にメモしてきたメンバーからセンターができた当初から現在に至るまでの流れを聞くことができました。

   バッチ・センターは博士の遺した理念を忠実に守ろうとしていること。
   レメディが多くの人に必要とされるなか量産のためにボトリングの工程を
   ネルソン社に委託したこと。
   それにともないバッチ・センターの役割もバッチ博士の哲学、理念を伝える
   教育の場と変わってきたこと。

また、この貴重な機会に直接質問する時間もあり、お2人は誠実かつ丁寧に答えてくださったそうです。
(世界に広がるレメディ、またそれを使うプラクティショナーもさまざまで国民性が出ているとの話には会場から笑いの声も・・・)



次に訪れたネルソン社の工場では製造過程を見学。
清潔な工場内で作られるレメディは70ヶ国あまりに送り出されるそうです。
その中でも一番人気はやはり「レスキューレメディ」。
レスキューレメディの出荷量が右肩上がりになる一方、他のレメディはそれほど生産量が増えていない・・・というお話を聞たとき、少し複雑な気持ちになりました。



最後に訪れた海沿いの町 クローマー。
駆け足で訪れたこの町で博士は1931年から1934年まで1年のうちの数ヶ月を暮らしていたということです。
発表の中ではこんなエピソードも披露されました。

バッチ博士が住んでいた海沿いの街、クローマーではこのような伝説?が語り継がれているそうです。

荒れた海に出て難破した船に乗っていた船員を救助したとき、気を失った男性にレメディを与えたところ彼は意識を取り戻し、何ごともなかったかのように「煙草を一本くれないか?」と言ったそうです。
このエピソードは今も町に住む人の知るところで、町の記念館に飾られていた博士の写真を見ていたメンバーにたまたま近くにいた地元の人がこの話を教えてくれたそうです。

バッチセンターの庭のイラストを描いて庭の様子を知らせてくれる発表もあり、あっという間に終わった報告会。


その中で、ステファン・ボールさんが語ったという
 
  ――― 「レメディを求める人たちへ届けてほしい」

この言葉が私は心に残りました。


レメディにお世話になっている者にとっては一度は訪れたいバッチセンター。
次に訪れるのはあなた・・・! かもしれませんね。


tano


IMG_201510110738183f0.jpg


スポンサーサイト

11月の植物観察会のお知らせ

皆さま、すっかり朝晩は涼しくなり
彼岸花の美しい季節ですね

少し先になりますが、恒例となりました

11月の植物観察会のお知らせです

場所  名古屋市東山動植物園 植物園エリア
(駐車場有り、地下鉄東山線「東山公園駅」または「星ヶ丘駅」下車)

日時  11月19日 木曜日
     10:30 植物園内 植物会館前集合

       14:30 解散予定
※雨天の場合:中止(前日20時頃メーリングでお知らせ)
※小雨の場合 : スケッチなし観察のみ(当日午前7時頃メーリングでお知らせ)

定 員  15名程度 (定員に達しました。ありがとうございました。)
参加費  なし (入園料500円を各自で払い入園します)
持ち物  スケッチブック・色鉛筆・お弁当・ピクニックシート
       ルーペ(持っている方)・歩きやすい服装
※ 園内の定点観察のコースはアップダウン、階段があり1時間くらい歩きます

内 容  バッチフラワーに関する植物を観察しスケッチします。
    植物園内で観る事が出来る植物
    カラマツ(ラーチ)・トチノキ(ホワイトチェストナット)・アスペン
    クラブアップル・オウシュウナラ(オーク)・ホーンビーム等

☆問い合わせ・申し込み先: Eメール bach38tokai@yahoo.co.jp(担当:嶋崎)

昨年の11月に植物観察会をした時、
木々は葉を落としていたのでトチノキなどの木は、
とても見つけやすかったです。
実りの秋は終わっていますが、静かな東海の森で観察してみませんか。
今回が参加初めてという方、BFRP東海のメンバー以外のレベル1・2を学ばれた方や
バッチフラワーの植物に興味がある方のご参加も歓迎いたします。


☆下見参加の方は、11月17日火曜日 10時 集合です。
BFRP東海木曜会: 担当 嶋崎までご連絡下さい

参考になる本の紹介(事前に目を通しておくのも お勧めです)
「ヒーリングハーブス」(ジュリアン・バーナード:BABジャパン)
「木々の恵み」(フレッド・ハーゲネーダー:毎日新聞社)

第64回 読書会のご案内 ~October ~

みなさま、こんにちは。

愛知県に台風が上陸する前日の9月8日、8巡目となる読書会が行われました。
今回読んだのは第一章。
読書会後にはイギリス研修旅行の報告会もあり、定員を上回る申し込みがあるほどの盛況ぶりでした。

これから秋にかけて東京で行われるバッチホリステイック研究会主催のシンポジウムや
恒例になった東山植物園での植物観察会も予定しています。
読書会にもぜひ足をお運びください。


次回のご案内です。



「バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ」 第2章

日 時 : 2015年10月6日(火) 10:00~12:00
定 員 : 20名
参加費 : 500円    当日お持ちください
会 場 : 岩崎公民館(日進市)2F和室にて (駐車場あり)
持ち物 : 「バッチ博士の遺産」、持ち寄りのお菓子、マイカップなど
   
読書会後に参加自由の茶話会を13:00まで行っております。

ご都合のつく方はどうぞご参加ください♪

参加ご希望の方は、info★beans-gifu.com までお申込み願います。
★を@に変えてメールをお送りください。


tano
sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR