4月14日植物観察会をします!

もう一つ、人気の企画 植物観察会のご案内です。

バッチフラワーレメディは一体どんな植物から作られているのでしょう
小さなボトルにつけられた名前は知っていても
なぜ バッチ博士はその植物からそれぞれのレメディを作ったのでしょうか?

38種類の植物に、会いに行ってみませんか?
その秘密にきっと近づくことができると思います。。。

日時  4月 14日  木曜日
    10:30 植物園内 植物会館前集合
    14:30 解散予定


場 所  名古屋市東山動植物園 植物園エリア

   (駐車場有り、地下鉄東山線「東山公園駅」下車)

    ※雨天の場合:中止(前日20時頃メーリングでお知らせ)
    ※小雨の場合 : スケッチなし観察のみ(当日午前7時頃メーリングでお知らせ)

定 員  15名程度
参加費 なし (入園料500円を各自で払い入園します)
持ち物  スケッチブック・色鉛筆・お弁当・ピクニックシート
      ルーペ(持っている方)

内 容  バッチフラワーに関する植物を観察しスケッチします。
       3月2日の観察会の様子

植物園内で観る事が出来る植物
    カラマツ(ラーチ)・トチノキ(ホワイトチェストナット)・アスペン
    クラブアップル・オウシュウナラ(オーク)・ホーンビーム等約20種
※少し山道も歩きますので、歩きやすい服装・靴でお越しください。

☆問い合わせ・申し込み先: Eメール bach38tokai@yahoo.co.jp (担当:嶋崎)

「昨日の植物観察会は8名参加で、いつもよりスケッチの時間を多くしました。
早速、会員向けメーリングにも、感想もいただき ありがとうございました。
少し寒かったですが、スケッチを2回しました。
まずオークを全員でスケッチしシェアした後、もう一度確認の観察をしました。
自分では気づかなかった芽の形が真上から観ると五角形だったことを知ることができました。
写真を撮ってるだけでは気づけませんでした。
日常で心静かにできる時間がないので、スケッチの時間が
今では自分にとって貴重な時間になっています。(スケッチは苦手です。)

☆今回は、下見日程を特に決めていませんがラーチが来週あたり見頃だと思います。

BFRP東海植物観察会: 担当 嶋崎」


参考になる本の紹介(事前に目を通しておくのも お勧めです)
「ヒーリングハーブス」(ジュリアン・バーナード:BABジャパン)
「木々の恵み」(フレッド・ハーゲネーダー:毎日新聞社)

まんさくの花


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR