第71回 読書会 ~9巡目のはじまり~

IMG_0003_201606051812059f1.jpg
(ワイルドローズ Rosa canina 花フェスタ記念公園 原種の谷にて 2016/5/25)
 
バッチフラワーレメディを使用していくなかで
植物の「花」という特別な部分から作られた「レメディ」を飲む
ということはとても重要です

けれども、もう一つ 忘れてはならないのは
開発者のバッチ博士という医師がどういう思いで
それまで成功していたワクチン開発などの道を捨て
フラワーレメディという病をいやすシステムを見出していったのか

その根本にある
人の心(思い)と魂(本当にやりたいこと)にズレが生じているときに
人は体に異常をきたす それが 病の本当の原因である
という考え方があります。

「バッチ博士の遺産」 ~なんじ自身を癒せ~ に 
それらのことが詳しく書かれています

この本を繰り返し読む読書会を
愛知でPTTコースが始まった、2009年以来毎月 続けてきました

今回、9巡目 
初心に戻る、第1章からのスタートです

毎回交代で担当している進行役からの報告の一部をご紹介します
今回の自己紹介のヒントは
自分に起こった思いがけない出来事
過去9年を振り返る
今後9年という新しいサイクルに向けての思い
をそれぞれにお話ししていただきました。
 
「10名の方の個人的なお話を聞きながらも、それぞれの小さな出来事が
私たちの深い深いところで互いにつながっているように感じました。

振り返る中で、迷いながら、揺れながらも
結果的に魂の導きにしたがって歩んで来ているようだ
という趣旨の話が多かったのも印象的でした。

渦中にいると見えてこないこともあるけれど
「後から思えば」と振り返ることのできる時がくるというお話もありました。

また、
アレルギーの意味は?という疑問に対して、参加者からは
多くの体験や考えが出されました。
症状に対する不安や恐れなど気持ちの部分が大きいということや
アレルギー症状は免疫系で自己と非自己を選別できなくなって起こる症状でもあるので、
自分じゃないものを取り入れようとしていたり、本来の自分と違うことをしようとすることで
症状が出たりするのではないか、という非常に興味深い話もありました。


アレルギーもまさにバッチ博士の言う「魂」と「心」の葛藤の結果だな
と感じました。


アレルギーは昨今の「きれいにしすぎ」という風潮や腸内や
体内の細菌と抗生物質の関係など、
社会的な問題があるのではないかという意見も出ましたが、
社会の構成要素はあくまで個人であり、社会の流れに乗るかどうかは
自分で決めることができるし、
私たちの学んでいるバッチフラワーレメディやバッチ博士の哲学を通して
社会に小さなさざ波ほどでも意識の変換が起こっていくことを望みたい。
社会のあり方の中で
自分はどうするのかということを意識していることが大事というお話が心に深く響きました。


最後に、
登校するのが難しく思えるお子さんの状況の中に、
アトピーの症状に対するお子さん自身の言葉にならない思いや見えないものがあり、
それを理解しようとすることや受け止めることがとても大事だと思いました。
と、今日の読書会を締めくくるような実体験をシェアしていただけました。

病気や症状に対して、その時の心の様子や兆しを丁寧に見つめていくことはなかなか難しいですが、
それがバッチがめざし、私たちが学んでいる「なんじ自身を癒せ」のベースであることを
改めて認識した意義深い9巡目のスタートとなりました。
by poco 」
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

第72回読書会のご案内

「バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ」   第2章
日 時 : 2016年6月20(月) 10:00~12:00

定 員 : 20名  参加費 500円
会 場 : 岩崎公民館(日進市)2F和室にて (駐車場あり)
持ち物 : 「バッチ博士の遺産」、持ち寄りのお菓子、マイカップなど

お申し込み・お問い合わせは
bach38tokai@yahoo.co.jp 岩田まで。


(ちいさな実をつけ始めた レッドチェストナット Aesculus carnea 花フェスタ記念公園 ターシャの庭にて 2016/5/25)
IMG_0006_20160605181206d98.jpg
IMG_0008_20160605181345d64.jpg
text/photo by tsuyukusa










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR