第11回 バッチフラワーシンポジウム 2016 ご報告

今年もバッチホリスティック研究会(BHK)によるシンポジウムが開催されました。(2016.10/22)
IMG_20161101160938e0d.jpg

第11回となる今年のテーマは
「植物の神秘 ~バッチフラワーのグローバルな広がり~」
全国から、BFRPや、バッチフラワーに興味を持つ方々が集まり
渋谷の会場は100名ほどのバッチの使い手でいっぱいになり
一年に一度の再会に和やかな雰囲気になりました。

今回スピーカーの4組のBFRPの方々のお話は
ホリスティック研究会理事 林サオダ先生の
バッチフラワーの作用機序に迫る科学的な研究の紹介や

魂、という言葉の意味が死語となりつつあるというアメリカで
実際にバッチフラワーを使いサイコセラピー診療をしていらっしゃる中島達弘博士の
レメディはボトルに入った姿は近代的であるが
中身は中世的なものととらえるのが良いのではないか
との見解等、興味深いお話。

実際にプラクティショナーとして相談者の方々に寄り添い
鍼灸との併用で改善を見られた例と
イギリスでのホリスティックな医療の現場を研修で体験されたお話をされた丸山由穂さん

震災で、バッチを携え、現場に出向いて被災された方々の
サポートをされた村上ひろこさん、京ヶ島弥生さん、両PTT講師のお話を伺うことが出来ました。

詳細を報告されている
バッチホリスティック研究会のHPを紹介いたします。
こちら

2016年シンポジウムの記事

BHKでは、過去のシンポジウムの記事もアーカイブされています。
2012年は愛知PTT講師 中村かをる先生がスピーカーをされ、
2015年は、BFRP東海もその活動内容を報告しています。

過去のシンポジウムの記事

もう一つ
オレア・フローラさんのブログをご紹介いたします。 

「オレア・フローラ」とは、バッチ国際教育プログラムの認定講師3名で運営されている
東京のバッチフレンドリーグループです。
さまざまな企画でバッチの学びをサポートされています。
今回のシンポジウムに関しても、3回のレポートに分けて
わかりやすく紹介されていますのでぜひご覧ください。

オレア・フローラ ブログ

また、今年は初めて、シンポジウム後に、懇親会が開催され
北は北海道、南は九州 宮崎からご参加のBFRPの方々とお話しする機会が得られました。

BHK 顧問の林真一郎先生 (グリーンフラスコ代表)もご出席でした
グリーンフラスコさんは、東京自由が丘にある
バッチフラワー38種類とバッチ関連書籍を扱うアロマ関連商品のお店です。
バッチフラワーの講座も開催されています。
緑の医学に取り組む グリーンフラスコ

ブログはこちら 

普段、ネットで配信される情報の発信者の方に直接お会いしてお話が出来たり
それぞれ違う立場でバッチフラワーにかかわる方々、
また、このシンポジウムや国際教育プログラムを支える講師の皆さん
BHKのスタッフの方ともお会いすることが出来
バッチでつながる絆に
こんな幸せなひと時もありがたいものだなあ、と感じる秋の一日を過ごさせていただきました。

(つゆ草)

IMG_0003_2016110114553268c.jpg






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR