ピア・スーパービジョン 報告

IMG_201706141901463cb.jpg
6月6日、岩崎公民館にて「ピア・スーパービジョン」がおこなわれました。
この講座は、参加対象者 BIEP(バッチ財団国際教育プログラム)レベル3受講生と
BFRP(バッチ財団登録プラクティショナー)、
BFRP東海主催で過去に何度も開催してきたものです。


「ピアは『仲間』の意味、
スーパービジョンとは熟練したスーパーバイザーが、
経験の浅いワーカーに対して専門的な能力を発揮できるように指導・助言する過程のことです。

相談者(=発表者) の話をグループで聞き、いくつかの段階を踏みながら、
問題の原因を追究するのではなくて、
相談者が自ら問題解決を探す方向へと話を進めていきました。

参加者の感想をご紹介します。

・自分の考え以外のいろいろな視点でフィードバックできるのはとても貴重な体験だった
・日ごろ人の話を聞いたり、コンサルテーションの時に、原因を探ったりアドバイスしたい気持が先行しがちだということをつくづく実感できた。
・客観的に『聴く』ことで多くの気づきを得た。
・相談者に気づきを引き出す質問をするのは難しいが、コンサルテーションでも非常に役立つだろうと思った。
・相談者が自己解決できる過程を経験できた。
・悩んでいること自体がその人の魅力なのだと気づいた。 ‘そこで悩める力があなたの強み‘、いいところだからゆえにバランスを崩しているのだということを分かった上で、腹を据えて聴くことができるといい。
・段階を追っていくと、相談内容がとても整理された。
・言語化することで整理され、問題を受け入れられる準備ができるのだと感じた。

以上のように、参加者各々の内に様々な気づきがありました。
客観的に聴いたり、相談者に自己解決できる力があると信じて質問をしたり、
すでに出来ていること、相談者自身が気づいていないポジティブな面を引き出し、
気づきを生む過程を体験することができました。

コンサルテーションでは、傾聴が必要だということはよく分かっていますが、
実際のところ自分が相談者とどのようなやり取りをしているかを
客観的にとらえたり振り返ることは難しいですね。
無意識にしている物言いや質問や確認などを意識化する学びとしても
ピア・スーパービジョンはとても有効だと思います。

一人では得ることのできない貴重な気づきや学びを得ることができたのは大きな収穫でした。

相談者にとってよりよいプラクティショナーであれるよう、
このような学びの機会に自分自身やスキルを磨いていきたいと思いました。」
  text poco & photo tsuyukusa





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR