英国研修旅行2017 ~バッチフラワーレメディのルーツを訪ねて~

一般社団法人バッチホリスティック協会が主催する「英国研修ツアー」(7月3日~5日)にBFRP東海から3名が参加し、今月上旬無事全員帰国致しました。


bachcenter2.jpg
      バッチセンターで見上げる空はなんて近く感じることでしょう!!



この研修ツアーは隔年でプラクティショナーおよびバッチ国際教育プログラム レベル3受講生を対象に行われており、バッチフラワー発祥の地英国のバッチセンターを訪れ直接センターのスタッフの方々とお話ししたり、そのお庭を見学。またレメディを製造しているネルソン社を訪問するなどのプログラムでした。


ネルソン社IMG_68492

   150年の歴史を持つネルソン社では工場内を見学してきました




~研修ツアーの概要~
7月3日 (月) バッチセンター訪問  ステファン・ボール氏より概要説明・質疑応答・お庭散策とセンター内見学
   4日 (火) バッチセンター訪問  ガーデンツアー(庭師 オコナー氏案内)・博士のお墓お参り・ジュディ・ハワードさんとの歓談
   5日 (水) ネルソン社工場見学(ウィンブルドン)・ロンドンのファーマシー訪問



今回はこの他に、BFRP東海とBFRP関西の参加者などでウェールズ地方まで足をのばし、アスク川のほとりを散策、また博士が医師として開業していたとされるロンドンのハーレーストリートにも足を運びました。

ウスク川橋2

   博士が最初にレメディのもととなる花を見つけたとされるウスク川のほとり



2ミムラス2

   当時もこうやってミムラスは咲いていたのでしょうか・・・



この研修ツアーの様子は9月の読書会の日に「研修報告会」を開いてお伝えする予定です。
どうぞお楽しみに!


tano




 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR