第15回レメディ研究部 活動の報告 (次回 8/22)

突然の一カ所集中の豪雨が続く夏
いかがお過ごしでしょうか
そろそろ、少し、天候が安定してくるといいのですが、、、

レメディ研究部の活動報告です。
第15回を迎え、こちらは、安定感を増してきております。

今回の取り組みは、
20170727162709f10sホワイトチェストナット

ホワイトチェストナット

あることがらが頭から離れないで、そのことばかり考えてしまう時に。
頭のスイッチを切ることができず、
気がかりなことがくり返しもどってきて、頭のなかでぐるぐる
回っている時に。

(Bach Flower Remedies GuideBook
~バッチフラワーレメディのあるくらし~より )


白くかわいらしい小花がたくさん連なり
塊全体で20センチを超えるような燭台型の花が
木いっぱいに咲くホワイトチェストナット。
岐阜県によく自生するトチノキですが
バッチ博士がレメディを作ったのはセイヨウトチノキで、写真の通り
さらにもこもことした姿をして咲きます。

詳しい報告は
 バッチフラワーレメディ研究室 → こちら
をご覧ください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

次回は「レッドチェストナット」の予定です

日時:8月22日(第3火)10時~12時
場所:日進市岩崎公民館  和室

愛知県日進市岩崎町大塚45
参加費 : 300円
持ち物:お手持ちのレメディ関連書籍、
『バッチフラワーレメディ 植物のかたちとはたらき』ほか、
筆記用具

お申し込み、お問い合わせ
bach38tokai@yahoo.co.jp
(BFRP東海: 田中)




つゆ草

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR