FC2ブログ

第86回読書会報告 ~11月読書会のご案内~

秋晴れまぶしいほどの空のもと、エアコンをつけて涼しさを感じるそんな10月下旬に
10周目の最終章である第8章を読みました。

始めのトークは、かねがね皆さんに聞いてみたかった
“印象に残っているレメディーとエピソード”

沢山の体験談と心の中で起こった印象を話していたただき
レメディーのもつ力を知る手がかりの1つになりました。

さて、今回は「病気は罰なのか?」という疑問がでました。

  罰=悪ではない。
  罰というのは結果であり、病気は恩恵。

  例えば元気であることはいいことだとか、自分は何も悪いことをしていないのに病気
  になったなど自分や社会がいいと思っていることをしていたとしても
  逆転の視点から見ると、自分の意とは反して、病気という結果をもたらす事もある。
  どちらともの調和、バランスが大切である。
  実に物事は多面的であるー

などの感想が語られました。
また、最終章らしく大きなテーマもにも話がおよびました。

  個人感情を離れて、「愛」「ユニティー」を拠り所する生き方をしていくことで
  進化の一部となる。
  たとえ自分の意図しない枝葉に置かれたとしても、諦めず、現状肯定し、受容し愛し
  進化の一部となると信じること。
  それは必ず再構築していく。
  なんでこんな思いをしなくてはと思ったときには、逆転の発想、視点をもって、部分から
  全体をつかんでみては?
  そっと個人感情を傍らに置いみると
  静ひつでさざ波ひとつない穏やかな湖にたつことができるかも・・・

「博士の遺産」を読み終えるとひとつの旅を終え
そしてまた次の旅に向かう気になるのはなぜでしょう・・・


次回はまた第1章からのスタートとなります!


ちょうどよい区切りとなりますので、お久ぶりの方、初めての方、もちろん常連のみなさまも
バッチ博士の世界へ是非ご一緒しましょう。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

第87回 読書会のご案内
「バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ」 第1章


日 時 : 2017年11月10日(金) 10:00~12:00
定 員 : 20名  参加費 500円
会 場 : 岩崎公民館(日進市)2F和室にて (駐車場あり)
持ち物 : 「バッチ博士の遺産」、持ち寄りのお菓子、マイカップなど
お申し込み・お問い合わせ・変更は
bach38tokai@yahoo.co.jp  岩田まで。

holly.jpg

tano
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR