FC2ブログ

第88回読書会報告 (次回2018/1/19)

12月の読書会報告
雪のバッチセンター



2017年の締めくくりとなる12月の読書会が、5日に開催されました。



年末になると決まって町に流れる
ジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」の歌詞
‘what have you done? another year over,・・・♪’
「また一年が過ぎたね、今年1年 君は何をしたの?」と絡め、
お世話になったレメディと共に近況報告をいただきました。


天国にいる家族を思い涙する人、
まだ若い親族の方との永遠の別れを初めて経験した人、
懐かしい再会に心揺すぶられた人、
子供さんが社会人になり自分の時間を更なる学びに使えるようになった人、、、
それぞれの人生の嬉しいこと、悲しいこと、
を手短でありながら濃く話していただきました。
そして、そこに添えられるレメディの名前を聞くことで、
どんな思いが背景にあるのか伺い知ることが出来るのも、
バッチフラワーを学ぶ仲間の共通言語であるからです。



第2章

「もしかすると、私たちが闘っているのは、この人生での過ち、学校での一日からく
る過ちではないかもしれません。」


【この人生】 を 【学校での「一日」】に例えてしまう、この言葉の意味には何が
隠されているのでしょうか。一般的には賛否両論があるかもしれませんが、バッチ博
士が大前提としていたことです。

今日という一日の前に、昨日もあるし、次には明日もある。同じように、この人生の
前にも、後にも、別の私(同じハイアーセルフをもった別のわたし)の人生が存在す
るのでしょうか、そう思うと納得がいく、筋が通る、という声が聞かれました。

他のキーワードとして 良心 直感 思考 物質 といった言葉を深く考え

こころの中にある思いを表現するため自分なりの表現に置き換えながら、ゆっくりと
探るようにそれぞれの思いを話していきました。それを静かに見守り聞き入る姿がと
てもいとおしく思えます。

言葉を大切に、誰かがいいことを言うのでもなく、すごい解釈をするのでもなく、
正解もなく、テーマに沿いながら思いに上ってくることを話してみる。
けれど結局どの発言も心に響く宝箱のような読書会でした。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2018年 1月読書会 ご案内
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「バッチ博士の遺産 なんじ自身を癒せ」   第3章

日 時 : 2018年 1月19日 (金) 10:00~12:00
定 員 : 20名  参加費 500円
会 場 : 岩崎公民館(日進市)2F和室にて (駐車場あり)
持ち物 : 「バッチ博士の遺産」、持ち寄りのお菓子、マイカップなど
お申込み・変更は
bach38tokai@yahoo.co.jp 岩田まで。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR