FC2ブログ

100th読書会リポート(午前の部)

第100回目 バッチ博士の遺産 読書会

このたび BFRP東海では100回目の読書会を迎えました。
これは
2009年の 愛知バッチ国際教育プログラム(PTTコース)第1期の修了後に生まれた
月一度、バッチフラワーを学ぶ、バッチフラワーを愛する人たちが集い
「バッチ博士の遺産」 (バッチフラワーを完成させたDr.エドワード・バッチ博士の1930年の著作)を
1章ずつ読み進めるという物です。


初めの50回は、PTTが開催されていた
クロイツで講師の中村かをるさんの主催で。
続く50回は、日進市岩崎公民館という恵まれた公共の場で
BFRP東海のメンバーによる自主的な運営で。
10年にわたって途切れることなく続いてきたこの読書会の
記念すべき100回目のレポートを
午前の部、午後の部、写真集の3回に分けてお届けします。

IMG_0002_20190422154631941.jpg



午前の部

100回目の読書会の幕開。 
開始前の部屋には、
ひさしぶりに多くの仲間と再会したワクワク、はじめて読書会に参加したドキドキが、
いっぱいに広がって、華やぎと緊張感に満ちていました。


10時から始まった読書会の冒頭では、
バッチホリスティック研究会の林サオダ先生からの
お祝いのメッセージが読み上げられました。
BFRP東海の記念すべきイベントに美しい花を添えていただき、とても嬉しく、
また身の引き締まる思いがしました。   (メッセージは 写真編に掲載)

読書会のプロムナードとして、
バッチフラワーとの出会いや自己の振り返り、
思い出などを30名それぞれの方にお話いただきました。
そこには懐かしさ、安心感、仲間の体験との相似や 内観を促すたくさんのものがあり、
各々が 心静かにつながり、
読書会に向けて一つに混ざり合っていくような時間となりました。

100回目の読書会は 「バッチ博士の遺産」の第6章を読みました。
参加者の皆さんのシェアから、少しだけ印象的な言葉やフレーズをご紹介します。

・プラクティショナーは上から目線にならないように 
・ジャッジしない 
・近代の物質主義と未来の医学  
・多様性の中でどうあるか  
・広めたい、勧めたい以前に、自分がレメディを飲んでいかに輝けるのか  
・信じて取り組み続けた先に光はある。  
・近代西洋医学と自然療法  
・自分は何の役割を担っているのか  
・『最善を尽くせばよい』  
・いいと思ったことを少しずつ少しずつ積み重ねていく  
・『楽しく、立派に役割をはたす』 etc.


また、「ハイヤーセルフ」とは?というバッチ博士の哲学を捉える上で、
肝となるキーワード 【ユニティ】についての質問があり、
参加者それぞれが 読書会で積み重ねてきたものやイメージを頭の中で思い巡らせたり、
確認したり、文中の言葉で説明したりしました。

自由に話せる安心安全な場であるために
その場で聞いた話を外へ持ち出さないこと
それぞれの意見を受け入れること
という とても大切な緩やかな 
「約束」があって守られてきたからこそ 100回続いてきた読書会です。

これからも この緩やかな やくそく事を大切に、
読書会を通して、バッチ博士の哲学が 自分の経験や人生に浸透し、
それぞれが自分自身や 社会の小さな集まりや ご縁を
より穏やかで平和なものにしていけるよう 続けていきたいと思います。

次回101回目からは、
初心に返って皆様とバッチ博士の残した宝物を共有していきます。

午後編 写真編へ つづく
IMG_0006_20190422154634403.jpg







スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR