シンポジウム2012 レポート

10月27日に青山で開催されました 
第7回 バッチフラワーシンポジウム2012
「バッチフラワーレメディの広がり」 
~日本の今・世界の今~
に参加してきました


会場には 名古屋のレベル2を以前担当してくださった
阿部律子先生、安井希美先生もいらっしゃり
もちろん 今回のお話を担当される 中村かをる先生も
豪華な顔ぶれの中 東海から 4人の参加者も揃いました

会場は 100名くらい入れるでしょうか?
お席は 満席 そして 男性の方も数人いらっしゃいました
BFRPでお話も担当されました カイロプラクターの千葉先生も男性で
閉会前の感想で 自分以外に男性がいらっしゃったことを喜んでいらっしゃいました

林サオダ先生のお話の前には 
緑みずみずしいバッチセンターの庭で撮影された
ジュディー・ハワードさんからのメッセージを見ることができました
こうして 日本でバッチフラワーに興味を持つ方々 
日常的に使っている方々が集まり
その会に バッチセンターからビデオレターが届くなんて 素敵なことですね

サオダ先生のご報告によれば 
1997年に始まったバッチ財団国際教育プログラム(BIEP)は
今では20か国を超える国々で開催され (レベル1のみは 62か国)
BFRPは3000名を超え、日本でも250名以上になるそうです


世界で公に使用されている例として、
ベルギーの刑務所や、
ブラジル、ポーランドの大学のコース、イギリスの看護学校、
北アイルランドの保険適用のがんをケアする施設などいくつかご紹介いただきました

日本でも京都の立命館大学の
文学部 教育人間学科で2012年秋からコース内で使用されるとのことです

今後は セルフケアとして高齢化社会のなかで、また 
企業内のメンタルケアなどの分野で使われていくだろうという展望をお話しされました

今回のお話をされましたスピーカーの方々は全員がBFRPとして各分野でご活躍の方々で
とてもバラエティーに富んでいました
レポート2に続きます









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR