第3回 木曜会の報告

3回に分けて行われたレメディの勉強会「トゥエルブヒーラーズ」
3月27日に 16名のバッチを学ぶ仲間が集まり終了いたしました。
バッチ博士が発見した順に学んでいる12のレメディ
今回は
スクレランサス
ウォーターバイオレット
ゲンチアナ
ロックローズ

の4つでした

報告を木曜会主催スタッフ すかいさんからしていただきました。

4つのレメディを花の写真とともに解説して頂きました。
植物の写真を見たり、特徴を知ることは、レメディの状態の表れ方を理解する助けになると実感できました。
ウォーターバイオレットの水面から真っ直ぐ可憐に伸びる花は、とても美しかったです。
いつかイギリスに行って実際に見てみたいと思いました。
今回ご参加出来なかった方も、インターネット等でバッチの植物を探してみるとよいのではと思いました。

レメディの学びとともに、今回もプラクティショナーとして知っていると役に立つ心理学の知識も教えて頂きました。
「ジョハリの窓」・「悲観主義と楽観主義」・「リフレーミング」についてでした。
ジョハリの窓は、自分を知るのに役立ちます。自分を知ることは、相手を癒すこに繋がります。
楽観主義者(オプティミスト)でいることは、プラクティショナーとして大事なことです。
リフレーミングは、視点を変えて見ること。説明し難いレメディをプラスの指標として説明する時や、相手の欠点の見方を変えることで長所として伝えることに使えます。
実習では、欠点「暗い」→→リフレーミング 落ち着いている、物静か、成熟している、辛抱強い、浮ついていない、慎重、バウンダリーがある、のようなものが出ました。  すかい


木曜会、次回は戸外での植物観察
そして 7ヘルパーズへと続く予定です
どうぞお楽しみに 

そして、BFRP東海も発足から2年、
4月より新しいスタッフ5人を迎え
活動の輪を広げていきます。
ブログ担当も、複数人で管理していきたいと思います

また、クロイツ主催で行われてきた
「バッチ博士の遺産」から〈汝自らを癒せ〉を読む毎月の読書会
も50回を数え(今までの歴史はこちら)
4月からBFRP東海主催とすることになりました。
今後 このブログでも日程の連絡などをしていければと計画中です。

新年度を前に新しい展開の予感
みなさま 今後ともバッチフラワーレメディを通して
それぞれの心を見つめ お互いの成長をめざし
学びを深めていきましょう              (つゆ草)













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR