DVD鑑賞会 「THE LIVNG MATRIX」

みなさま、こんにちは。
11月最初の三連休が終わりました。
この連休に入る前の10月30日に「ザ・リヴィング・マトリックス」のDVD鑑賞会を行いました。


このDVDは先のバッチフラワーシンポジウムにも名前が挙がっていましたが、
バッチホリスティック研究会(BHK)代表理事
林サオダ先生お薦めということで
私たち東海の仲間で一緒に観ましょう! という今回の企画となりました。

参加者は15名。
約1時間半の内容をみんなでじっくり観ることができました。

IMG_0001_20141217001251169.jpg


DVDでは現代医療では治療が可能でなかった5つの症例をあげながら、現代医学では解明できないヒーリングなどの力で健康な体を取り戻した証言を柱に、生物学者、物理学者、医師、ヒーラー、研究者たちがそれぞれ独自の理論を展開していきます。

リコネクティブ・ヒーリング
神経言語プログラミング(NLP)
生命情報システム...

など。


しかしそれらは

エネルギー
場(フィールド)の理論

といったひとつの方向へと流れを同じくしていきます。


難病を克服した力は何なのか?
ヒーリングを科学で解明することはできるのか?
プラシーボ効果とはどういう現象をいうのか?

ご興味のある方はぜひ一度ご覧くださいませ。



「世界中で医療改革は始まっている」とDVDの証言者たちは言っています。


大量の薬の投与
莫大な医療費


シンポジウムレポートにもありましたが、今後の政府の方針として自然療法を医療分野の中に組み込む動きがあるといいます。 
医療の現場でバッチフラワーが活躍する日が来るかもしれませんね!


鑑賞会の感想で
「私たちはすごい時代にいるんだなー、と思いました」
と述べられた方がいましたが、まさに今は医療の過渡期、転換期で私たちはその時代に生きているのかもしれません。


最後に、心に残った言葉をひとつ。


「病気は(自分を)ガイド(guide)してくれるもので、悲劇ではない」


(たしか「博士の遺産」にも同じようなことが書いてありました・・・!)


そしてDVD鑑賞会に参加した全員の感想をひとつ。



「思いを1つにできる仲間と集い

一緒に観る場が与えらたことに感謝しています」


IMG_0002_20141217001252931.jpg




tano
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR