東京お土産話

今回の東京への旅
せっかくですので
自由が丘のグリーンフラスコさんを
見学させていただきました。
IMG_0008.jpg
11時開店なのに、10時についてしまって、
バッチフラワーを勉強しています、
シンポジウムを聴くために名古屋から来ました。。。ということで
予約もせずに行きましたが
自由に店内を見ていいとおっしゃっていただき
感謝しています。

「バッチ博士の遺産」を、とても見やすく展示販売されていて
他にもレメディ全種類 販売されています
IMG_0006_20141119163552a64.jpg

書籍はものすごく充実。IMG_0009.jpg
カフェスペースもあります
バッチフラワー以外にアロマなど
植物療法に的を絞った、とても素敵なお店でした。。。
こちらで、BIEPレベル1(バッチ国際教育プログラム)も開催されているようです。

グリーンフラスコHP

そのあと、マウントバーノンの風という、
バッチのコンサルテーションを受けられるカフェにもお邪魔しました。
商店街がちょうどお祭りの日で、お忙しい中
お話をしていただき、こちらも 本当に感謝しています。
こちらは、あらかじめ、訪ねますとご挨拶はしてあったのですが
本当に親しげにしていただき 嬉しかったですIMG_0010.jpg
ありがとうございました

講座の案内↓こんな風にされているようです
マウントバーノンの風

今回のバッチ日帰り東京旅は レベル2受講のOさんとご一緒させていただきました
真摯なまなざしで、素晴らしいノートを取られる頼りになる方です
感想をお聞きしました

「全国からふだん違う生活をし、仕事をしている人々、
知っている人も知らない人も Bach博士の哲学の元つながり
各々のやり方で実践していることに感動しました。

初めてのサオダ先生は、私たちに伝えてくださろうとすることが溢れて
博士の哲学や霊的な見方も大切にしながら、科学的検証も必要で
そのために何をしていけばいいのかさまざまな提示をしてくださいました。

アニマルプラクティショナーの清水先生のお話の中に
動物本来の姿、という言葉が何度も出てきてとても印象に残りました。
そのまま親子の関係にも当てはまるような
「本来の姿」というのは重要なポイントかな、と感じました。」

シンポジウムの最後にサオダ先生は
自分のことを自分で決心してやっていくとき、治っていく。
自己理解を深めていくこと。
プラクティショナーは、良くも悪くもなく修正するのではなく
あなたはそういう人なんですね、という姿に出会っていくこと
とお話されていました。

西尾先生のお話にあった 自分は何をするために生まれてきたのか
そして名古屋での神村先生のお話にも同様な
何をするのか なぜするのか 動機を瞑想するというお話があったのを思い出しつつ

いろんな思いで 心をいっぱいにしながら
新幹線で帰途につきました。。。。  
おしまい   by つゆ草

ランチをしたカフェの庭の 立派なティーツリーの木
IMG_0012.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR