栗のお話

コチラは妻籠に近い山口地区を歩いている時に見つけた
古い趣のある 栗 の木です

IMG_0014_20141202190057298.jpg

先日の植物観察の記事で
ウォルナット 栗
とありましたが訂正です。

栗→スイートチェストナット
くるみ→ウォルナット

どなたか気が付かれた方はありましたでしょうか?
実は、今回の植物観察で、だれも栗について触れていないのです

人気のホワイトチェストナット、ラーチの木立の隣に
ひっそりと栗は佇んでいました

秋の下見の際に すかい&つゆ草 が落ちているイガグリから
こんな近くに栗があるのに!
春の観察では、誰ひとり気が付かなかったね、、、
栗がさぞかし絶望しているだろうね~ 
と同情していたにもかかわらず
また今回の観察会で誰にも振り返られず。。。

中村かをる先生のご報告にも、栗は出てきませんでした
PTT講師の目にもあまり注目されず・・・
クロイツブログ 植物観察の記事

栗ってそういう存在なのでしょうか・・・?
深い話は↓コチラも ご参考になさってください
クロイツ パーソナルノート


IMG_0013.jpg
あら、電線に阻まれて窮屈そう。

落合宿→妻籠 の間にありました
よろしかったら 歩いて訪れてみてください
IMG_0006.jpg


余談ですが、、、
こんな小雨の日には イギリス人は傘をささずに歩くよね
と言っていたら、本当に向こうから
傘を差さないで手に持ったイギリス人の青年が歩いてきました
思考は現実化する???
なんと、東京から歩いてきたそうです
そして、京都に向かっているそうです
すごいですね、自然の中そんな一人旅をしたら
レメディもいらない存在になれるかも。。。。
IMG_0017.jpg


by つゆ草

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR