植物観察会のご報告

おりしも満月 3月の植物観察会に行ってまいりました
@東山植物園 2015年3月6日(金)
IMG_0026_201503072126157ff.jpg
まだまだ、寒く、見た目には裸の木々ばかり
一体全体 春は見つかるのでしょうか?
といった 早春の風景。

でも、
満月といえば、サンゴも産卵したり
ウミガメも産卵したり、、、
と自然界では新しい生命への動きがある特別な日ですよね

東山植物園も 次の季節に向けて
人知れず?いえ、生き生きと
生命が溢れだしていました
IMG_0025_201503072129200ca.jpg
↑(面白い花をいっぱいに咲かせた 松ぼっくり系の実を付けた木)←すみません、具体名がわからなくて。。。
↓(勢ぞろいした福寿草)
IMG_0005_20150307212621e4b.jpg


さて、我ら バッチ大好きオタク、いえ、
バッチ財団登録プラクティショナーと
国際教育プログラム受講生チーム8名は
今回も 張り切って植物会館前に集合し、ワクワク スタートです
IMG_0002_20150307212618a23.jpg

フキノトウやら、クロモジやら、早春の蛍光色の柔らかーい小さなお花たちにも
こころ奪われながら、(写真も全部お見せしたいところですが・・・)
お目当てはバッチフラワーの38種の植物に的を絞って 定点観察です。

植物会館に一番近い 赤ちゃん楡(ニレ=エルム)から始まり
オークへ。
IMG_0003_20150307212619fed.jpg
少し、新芽が赤く 膨らみ始めています。
芽を守り抜くため 最後まで落ちないで頑張る木の葉も
ついに役目を終えて 株の周りに降り積もっていました。
IMG_0001_20150308151004e56.jpg
oak


この木はこれから何十年も(何百年も)生きて 大木に育ちます
きっと、この場所ではスペースが足りなくなるでしょうね(笑)
大きくなったこの木を 何年しても見に来たいです

2013年の丹羽敏雄先生の「星々と木々」の講座で
「木のジェスチャー」という表現を学びました。
枝振り、とでも訳せばいいでしょうか
葉のすべて落ちたこの季節にこそ その姿は観察しやすくなります
オークの木、まだ若いですが
さすがに ごつごつ険しいジェスチャーを現しはじめています


そして、バイン。
IMG_0003_20150308151332708.jpg

ここにある株は
学名も バッチ博士の見つけたブドウの木と同じ。
バインは南で育つ植物なので、(レメディはスペインで作られているそうです)
まだ芽も小さく柔らかい毛におおわれています。
寒の戻りに凍えているように感じました

それに対して ハニーサックルはすでに柔らかく色鮮やかな新芽を
素直にすくすく伸ばし始めていました
IMG_0005_2015030815101003d.jpg


今回から観察コースに加わってくれた アスペン
池のそばの休憩所のすぐそばの木です
まだ、葉が出る様子はありませんが
銀色っぽい落ち葉を見て、さわさわ揺れる木立を想像しました

お次は ブナの林。ブナばっかりの林。おなじみになってきました。
寄り添ってみると 相変わらずつめたーい、、、
いつも、株のどこかから 水が流れ出ています
beech
IMG_0011.jpg

 もっともっと本格的な世界につづく。      by つゆ草



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

tano/heart/すかい/poco/つゆ草

Author:tano/heart/すかい/poco/つゆ草
バッチフラワーレメディをこよなく愛する仲間たちのチーム【BFRP東海】 は 2012年6月に バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)と、未来のプラクティショナーを目指し、バッチ財団国際教育プログラム(BIEP)レベル3で学ぶ東海在住のメンバーが集まり 生まれたグループです。バッチフラワーレメディを学ぶことでで自らの心を深く見つめなおし、共に成長することを目指しています

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle蝶が舞うリースの時計sidetitle

触れると逃げてしまいます

sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR